月9主演・山下智久にのしかかる「ジャニーズ成功」の重圧 (1/2ページ)

デイリーニュースオンライン

写真はワーナーミュージックジャパンHPより
写真はワーナーミュージックジャパンHPより

 かつては“ドラマのフジ”を牽引してきた「月9」枠だが、その威信はすでに失われてしまった。前クールの『恋仲』(フジテレビ系)は平均視聴率10.8%と、「月9」枠としてはあり得ない低視聴率を記録。この数字は2009年放送『婚カツ!』の10.5%に続いて、歴代ワースト2位の記録となってしまった。

 そんな「月9」の再起をかけた今クールのドラマが『5→9(5時から9時まで)』だ。原作は相原実貴の大人気コミックスで、主演は山下智久(30)と石原さとみ(28)。9月29日発売の「FLASH」(光文社)では、その撮影現場を紹介。石原の色気にスタッフがメロメロになる様子が紹介されている。

やはり低視聴率に終わった「アルジャーノンに花束を」

 今回の『5→9』は、「月9」枠のみならず、フジの命運をも握っているといっても過言ではないだろう。主演の二人にはかなりの重圧になるが、

「山下とジャニーズ事務所にも大きな影響を与えることになる」

 とテレビ関係者が語ってくれた。

「山下に関しては、主演を務めた4月期のドラマ『アルジャーノンに花束を』(TBS系)で、平均視聴率8.6%と惨敗。自身の主演最低視聴率を記録してしまいました。彼はもともと棒演技で役者として批判もありましたが、視聴率を穫る点では評価はされていた。ただそれも『アルジャーノン』では叶わず、数字の上でも危うい立場となり、役者としての評価は分岐点にあります」

 これがフジの命運以外で山下にかかる重圧だが、実はもっと重いものも背負っている。それが、ジャニーズドラマの今後だ。

 今クールのジャニーズ主演ドラマは他にもある。それが、Kis-MyFt2・玉森裕太(25)主演の『青春探偵ハレルヤ』(日本テレビ系)と、関ジャニ∞・錦戸亮(30)主演の『サムライ先生』(テレビ朝日系)だ。

「月9主演・山下智久にのしかかる「ジャニーズ成功」の重圧」のページです。デイリーニュースオンラインは、フジテレビ女優アイドルジャニーズ芸能エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧