AKB小嶋陽菜に「劣化」の声…汚肌×高画質カメラのダブル攻撃で窮地に

デイリーニュースオンライン

ノースリーブスオフィシャルブログより
ノースリーブスオフィシャルブログより

 雑誌「sweet」の11月号でナースコスプレに挑戦したAKB48の小嶋陽菜。ミニスカートとニーハイソックスで絶対領域をアピールするも、ファンから「老けたなずいぶん」「顔面崩壊しすぎ」と顔の劣化を指摘する意見が相次いでいる。

卒業するする詐欺は汚肌が原因?

 小嶋は2005年からAKB48のオーディションに合格して以来、約10年にわたって同グループで活動。テレビや雑誌で引っ張りだこの存在だ。しかし同期のメンバーはほとんど卒業した今、“小嶋卒業”が噂され、事あるごとに本人の口からも卒業をほのめかす発言が行なわれている。

 実際、今年6月の「AKB48 41stシングル選抜総選挙」へ立候補しないことを発表するなど、徐々にAKBグループから距離を置きつつある。だがまだ卒業には至っておらず、ファンからは話題作りの「卒業するする詐欺」と揶揄されている。

 河西智美や板野友美ら卒業生たちの苦戦は、小嶋の耳にも届いているはず。卒業をためらう原因の一つは、仕事の需要危機をもたらしかねない、“汚肌”にあるかもしれない。

 小嶋の顔の劣化を指摘する声は度々あがっていた。また指摘の増えた要因と言われているのが高画質カメラの登場だ。肌の毛穴まで拡大確認できるほど被写体を捉え、ニキビや肌のシミは一目瞭然。綾瀬はるかや長澤まさみら肌自慢の女優たちでさえ、4Kの高画質の前ではほうれい線が隠せなかった。小嶋の汚肌を捉えた映像も少なからず撮影されており、日頃の美人のイメージとのギャップに、一部ファンは「恐怖画像」とまで評している。

 それでも写真集やファッション雑誌が刊行されれば「絶世の美女」と賞賛される小嶋。しかしながら、ネット上では画像編集ソフト「Photoshop」などによる“修正”ではないかと物議をかもしている。

「フォトショ加工で劇的ビフォー&アフターした写真や動画がよく公開されていますが、実際、フォトショの加工はプロのカメラマンならある程度できます。顔のニキビはコピースタンプツールを使って、お肌のキレイな部分をコピペしたりぼかしたりすればいいし、二の腕や顔のラインを細く縮めることもできます。写真集や雑誌のように、一般公開まで時間の猶予のあるものは、事務所の“監修”やカメラマンの“調整”が入るでしょう。高画質カメラで撮影したニュースは、動画でも静止画でも真実がバレやすいです。今後、会見や番組撮影で、アイドルに汚肌隠しのスポット照明がめちゃくちゃ当たって、一人だけ顔が白過ぎる、なんて笑い話が出てくるかもしれません」(芸能関係者)

 AKB卒業が長年噂される小嶋。今後、写真集など“絶対領域”以外の場所で、堂々と活動できるのか。

(取材・文/蒼木学)

こんな記事も読まれています
ページの先頭へ戻る