中居君が暴露!「SMAPは5人で食事をすることはない」

学生の窓口

SMAPの中居正広が18日、自身がMCを務めるバラエティー番組「中居正広の神センス!塩センス!お騒がせな芸能人の失敗告白SP」(フジテレビ系)で"SMAP解散の危機説"について口を開いた。

ドランクドラゴンの鈴木から『SMAP解散の危機はあったんですか?』と聞かれた中居は、『30年近くやってればあるんじゃないですか~。ちょっとケンカしたり、小競り合いがあるとすぐそっち(解散)に直結。森君がやめたときが一番。6人から5人になるときは覚悟決めなきゃいけないと思った』と、SMAPを脱退しオートレーサーになった森且行の名前をあげて振り返った。
当時は"5人でやるのか?解散するのか?"を話し合い、結果『5人でやろうぜ!』と再スタートを切ったことも明かした。

続けて中居は『96年5月に(森が)やめたけど、4月に「SAMP×SMAP」(フジテレビ系)がスタートした。そもそも"ビストロSMAP"のコーナーは森君が料理うまかったから始まったのに、その2カ月後に本人やめちゃうからね』と裏話も披露しつつ、『普段5人でご飯を食べることはない。森君がやめるって時に食べたくらい。ツアー行って地方に行っても5人で食べることはない。俺は外に出ないから。地方のおいしいものとか全然興味はない。ルームサービスのカツカレーが大好き』など、今まであまり公にされなかったメンバーの付き合い方についても言及。

しかしネットでは、『仕事とプライベートは別々くらいでちょうど良いはず』『長く続くグループほど、そうなんじゃない?」と賛同の声が上がり、SMAP解散の不安以前にファンにとっては納得のいくエピソードだったようだ。

ページの先頭へ戻る