AKB指原莉乃が大島優子を“格下扱い”…立場逆転にファン騒然

デイリーニュースオンライン

指原莉乃「755」アカウントより
指原莉乃「755」アカウントより

 AKB48・指原莉乃(22)が自身のTwiiter上で10月20日、同グループの元メンバーで女優・大島優子(27)の出演舞台『No.9 不滅の旋律』について、ファンに対し「ゆうこちゃんにさっしーに席あげて!とかツイートしないでね」と呼び掛けた。この指原の発言に、一部ネット上では「あれだけ絶大な勢力を誇った大島優子が既に格下扱い」と、両者の立場逆転が指摘されている。

 10月10日から、SMAP・稲垣吾郎(41)主演で開幕した舞台『No.9 不滅の旋律』は、稲垣演じる作曲家・ベートーヴェンの生涯を描いたストーリー。ベートーヴェンと出会って変化をもたらす女性・マリアを演じる大島は、本格的な舞台出演は今作が初となる。

一般視聴者は大島より指原のほうが目にする機会が多い?

 2014年のAKB卒業後、ドラマや映画など女優業に励む大島を気に掛けるファンも多く、指原のTwitterにも「莉乃ちゃんは優子ちゃんの舞台行かないの?」という質問が飛んだ。これに対し、指原は「行きたいのに仕事と重なってるand行けそう!って思った日がチケット立ち見も無理な日みたい」と説明。また続けて「もともとちゃんと事務所にチケットお願いしてそれでも無理な日だったから、恥ずかしいのでゆうこちゃんにさっしーに席あげて!とかツイートしないでね」「ほんとに全くフリとかじゃなくて、普通に恥ずかしいからやめて」とファンにお願いした。

 指原は2014年3月に出演した『有吉AKB共和国』(TBS系)で“ブスいじり”された際、心配した一部ファンが番組や共演者に苦情を入れたことについて「番組にメールを送ったり共演者の方にメッセージを送ったりしないでください」「指原はあれでいいと思ってるし、ありがたいと思ってる」と理解を求めるツイートを発信したことも。

 こうした経緯から、指原が大島出演舞台に関してファンに行った今回の“釘刺し”も、ネット上では

「最近ファンが足引っ張るの多いよね」
「1位になるってことは、こういうアホなファンも増えるってことなんだな」
「おせっかい(余計なお世話)な人も多いからね」
「さすがカリスマ。みんな言う事聞こうな」

 と理解を示す者が多い。しかし一方では、

「(大島が)たださっしーのネタ扱いになっているのが時代の流れを感じさせる」
「優子ちゃんの舞台が満席などありえないわけだが」
「さっしーが優子ちゃんの舞台のチケット用意してもらえないくらいの人気って何だろうって一瞬考えたら、吾郎さんの舞台だった(笑)」

 と、大島の舞台が指原の話題にすり替わっていることや、ドラマや映画での評価が著しくはない大島に対する皮肉も見られた。

「AKB時代は前田敦子(24)とセンター争いを繰り広げるほどの人気を誇った大島ですが、卒業後の活躍の場として選んだ女優業では未だ評価が安定していません。これに対し、指原は2013年の『AKB48 32ndシングル選抜総選挙』で、当時まだ同グループに所属していた大島を抑えて1位を獲得。翌年は渡辺麻友(21)にその座を奪われましたが、今年は見事1位に返り咲きました。業界的に見れば、ドラマで主演を張れる大島の方が圧倒的に格上の存在ではあるものの、一般視聴者からすれば指原の躍進ぶりが上に見られる可能性は高いです」(テレビ局関係者)

 指原のネタにされてしまった形の大島だが、ネットを見る限りでは舞台を鑑賞したファンの評価は上々。めげずに腕を磨けば、AKB時代以上の輝きを放つ日も来るかもしれない。

(文/一樹守)

ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧