福山雅治、結婚後も「2ショット撮らせない」鉄の防御 (1/2ページ)

デイリーニュースオンライン

写真はオフィシャルサイトより
写真はオフィシャルサイトより

 2015年9月28日に結婚を発表した福山雅治(46)と吹石一恵(33)。絶大な人気を誇る福山雅治の結婚には多くの女性ファンが嘆き悲しんだ。その影響は計り知れなかったゆえ、2人の結婚は内密に進められていたようだ。

 これまで徹底的に恋愛面を隠してきた福山だが、10月29日発売の『週刊新潮』(新潮社)によれば、そのスタイルは結婚後も変わらないという。

「福山と言えば、2010年にも『女性セブン』(小学館)に女優・小西真奈美(37)との結婚を報じられたことがありましたが、一部報道ではこの情報は同誌と繋がりが強い小西の事務所側がリークしたとも。小西側は結婚を決定付けたかったのかもしれません。しかし、福山は恋愛に対しては秘密主義を貫いており、恋人にも口外しないことを強いてきた。そのため結婚報道のリークに激怒して、小西との結婚話は立ち消えになったのではないかとさえ言われています」(テレビ局関係者)

マスコミにバレそうになると引っ越す

 その後、福山と吹石の熱愛が2012年1月発売の『フライデー』(講談社)にスクープされたが、写真に写っていたのは福山のみで吹石の姿はなし。交際についても双方が否定し、マスコミに裏を取らせない徹底した隠蔽っぷりだった。2015年10月1日発売の『週刊文春』(文藝春秋)でも、福山が女性の家を訪ねる際にバレないよう工夫していたことが伝えられている。

 そして今回の『週刊新潮』にも、福山がこれまでマスコミにキャッチされそうになると引っ越しをするなど、私生活の警戒を怠らなかった様子が報じられているが、吹石と結婚した今でも福山は、2ショットを撮られないよう神経を張り巡らせているという。

 記事によると、福山は吹石と揃って外に出ないようにしたり、移動中も途中で車やタクシーに乗り換えたりと、交際中と変わらず細心の注意を払っているそうだ。

「福山の警戒行動は、近頃アイドルなどとの熱愛報道も珍しくなくなったジャニーズ事務所のタレントとも、比較にならないほどの徹底ぶりです。似たような秘密主義者では、2010年に一般女性と電撃結婚した俳優・織田裕二(47)がいます。織田も福山同様、結婚を発表するまで女性の影を微塵も感じさないどころか、週刊誌が『2ショットを撮るのは不可能だった』と匙を投げる始末。2012年に出席したイベントでも『僕は役者なので、私生活とかあまり皆さんに分からないほうがいい』と語っていましたが、福山に匹敵する警戒心の持ち主と言えるでしょう」(前出・関係者)

「福山雅治、結婚後も「2ショット撮らせない」鉄の防御」のページです。デイリーニュースオンラインは、俳優福山雅治女優熱愛結婚エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧