AKB48の「クリスマスおねだり」が激化…高額ブランドや金券が飛び交うアイドル業界の闇

デイリーニュースオンライン

大和田南那の「755」アカウントより
大和田南那の「755」アカウントより

 早くも街にクリスマスムードが漂っている昨今。カノジョへのプレゼントに頭を悩ませている男性は多いだろうが、それはアイドル業界でも同じようだ。「ガチ勢」といわれる熱心なファンは、お目当てのアイドルにクリスマスプレゼントを贈るのが恒例になっているという。

 だがアイドル側が露骨にプレゼントをおねだりするケースが頻発しており、一部では「キャバクラと変わらない」などと批判が生まれている。

次世代エース候補が公然とファンにおねだり

 11月上旬、AKB48の次世代エース候補といわれる「なーにゃ」こと大和田南那(16)がファンにおねだりをしていると一部で話題になった。大和田はトークライブアプリ「755」でファンから「今一番欲しいものある?」と聞かれ、それに「センスのいいお洋服 ガチのやつ」と返信。

 これに勇んだファンは「よし!とびっきりのセンスのいいお洋服プレゼントするね!どんなのがいいとかある?」と反応し、大和田は「何でも嬉しい万歳!」と歓喜。さらにファンから「ハニーシナモンの服でいい?」「リズリサの洋服プレゼントしたら喜びそう」「ジェラピケ(ジェラートピケ)はプレゼントされたら嬉しい?」などと具体的なブランド名を指定した書き込みがあり、それぞれ「最高万歳!」「飛んで喜ぶよ」「めちゃくちゃ嬉しい」と返していた。

 一方、ファンから「プレゼントは何をくれますか?」と尋ねられると大和田は「勇気と希望」と返信。もはや清々しいくらいだが、このやり取りを目にした人々からは以下のような厳しい意見が上がった。

「もはやキャバクラの会話じゃねーかw」
「せめて見えないところでやってくれ」
「もう面倒くさいから銀行口座を公開して振り込んでもらえよ」
「物乞いみたなことする性根がさもしい」
「未成年なのにファンのオッサンにねだれば何でも貰えると思っちゃうと怖い」

1万円規定のルール無視の高額プレゼントも

 2014年は同じくAKB48の大島涼花(17)がファンから「クリスマスプレゼント何が欲しい?」と聞かれ、それに「すごくリアルに言うとaceジェルっていうネイルのやつ。笑 それがたくさん欲しい。笑」と具体的すぎるおねだりをしたことも話題に。

 大島は「まあ、あくまでも希望ですので」と付け加えていたが、ファンから「ミックスライトとUVライトってどっちが良いんだろう?」と種類を尋ねられると「UVかな?」と貰う気マンマンで答えていた。

 また、同じくAKBメンバーの達家真姫宝(たつや・まきほ=14)は「まきちゃんにプレゼントあげたいんだけど何が欲しい? 」とファンから聞かれると「ポーチ笑」と即答。

 さらに達家はサマンサタバサのiPhoneケースも希望していたが、ファンからは「1万円以上のプレゼントはダメらしい……サマンサのiPhoneケース1万円以上する」とのコメントが。AKBグループでは「単価1万円以上のプレゼントは禁止」という規定があるのだ。しかし、それに達家は「8000円だよー」と返して催促していたのだからたくましい。

 1万円以上は禁止であればプレゼントのおねだりも「可愛いもの」と思えなくもない。だが、2014年7月にはSKE48の山内鈴蘭(20)が自身のTwitterで任天堂のゲーム機「Wii U ベーシックセット」とソフト「マリオカート8」、さらにオプションコントローラー「Wiiハンドル」をファンから貰ったことを報告。合計3万円以上で完全に規定金額を超えているが、山内は「めっちゃ心から本気でありがとおおおおぉおおっ」と喜びを露わにしている。

 もはや“規定”は有名無実化しているらしく、ファンからもっと高額なプレゼントをもらっているメンバーもいるのではないかと勘繰りたくなる。

「金券まで飛び交う」アイドルとファンの異常さ

 AKBよりもマイナーなグループはさらに生々しい。東京・渋谷を拠点に活動するローカルアイドルグループ「asfi(アスフィ)」のメンバー・美木優希奈(18)は今年4月、美顔ローラーやサマンサタバサの腕時計をおねだりしていたことをファン当人によってバラエティー番組で暴露された。

 実際にはTwitter上で「ReFaの丸いコロコロが二つ付いたローラーか、こんな感じのサマンサの時計が欲しいです…!」とファンにコメントを送っており、希望する腕時計の画像まで添付している念の入りようだった。ファンは「甘える癖を直して欲しい」「甘やかしすぎた」などと苦言を呈したが、美木は番組に出演せず問題のツイートまで削除してしまうというガチンコの気まずさが漂っていた。

「さらにマイナーな地下アイドルの世界になると、高額のブランド物だけでなく金券までプレゼントするファンがいる。貢ぎまくってアイドルに気に入られれば個人的に連絡できたり、場合によってはデートできることも。メジャーアイドルより『もしかしたら食えるかも……』という可能性がありそうに思えるため、プレゼントの生々しさが増しています。そこまでくると完全にキャバクラと変わりませんけどね」(アイドルライター)

 おねだりは「大人同士の遊び」であるキャバクラならいいが、中学生や高校生のメンバーが多いアイドルグループでは教育上問題があるのではないかと心配になる。しかし、あざといアイドルたちと彼女たちに気に入られようと必死なファンによるクリスマス狂想曲は今年も盛大に繰り広げられることになりそうだ。

(取材・文/夢野京太郎)

「AKB48の「クリスマスおねだり」が激化…高額ブランドや金券が飛び交うアイドル業界の闇」のページです。デイリーニュースオンラインは、アイドルAKB48芸能エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧