内山麿我が“ディズニー騒動”で離婚危機…「ただの炎上商法だろ」との声も

デイリーニュースオンライン

内山麿我オフィシャルブログより
内山麿我オフィシャルブログより

 タレント・内山麿我(31)が、11月26日付ブログで「嫁に離婚届書けって言われた」ことを報告し、心境を明かしている。内山麿我といえば、23日にも「ディズニー、むかついた」と題したブログ記事を更新して騒動になったばかりだが、今回もネット上では「ディズニーの件で夫のバカさを思い知って奥さん冷めたんじゃない」などと呆れ声が上がっている。

 内山は歌手・浜崎あゆみ(37)のバックダンサーとして活躍し、2012年11月には交際宣言した。しかし、直後に内山が別の女性との間に子どもがいたことが発覚し、スピード破局。そんな内山は2015年3月に一般女性と結婚し、9月17日付のブログでは2人のマタニティヌードを公開して話題に。10月1日には女児誕生を報告したほか、同15日付のブログでは娘の名前を「愛音來(アネラ)」と名付けたことも明かしていた。

“炎上商法”で生き残るしかないと悟ったのか

 幸せ真っ只中の内山は、11月23日付のブログで東京ディズニーリゾートに家族で赴いたことを報告。しかし、この日は入場規制が掛かっていたため、9月に東京ディズニーシー・ホテルミラコスタで妻と挙式した際に貰った「1日入場パス」が使用できなかったという。内山は、係員の説得を試みたが断られてしまったことなどを説明した上で、「最近のディズニー、調子のってるんじゃねーかなー?」などと怒りを露わにしていた。これについて、ネット上では「ディズニーは悪くないよね……」「調子のってるのは、あなた」といった声が飛び交っていた。

 そんな騒動から3日後の26日、内山はブログで「嫁に離婚届書けって言われたし」と明かし、夫の欄に記入済の離婚届の写真を公開した。また「俺は俺、という考え方改めるべきなのか」「嫁もメロンも好きなんだけどなー。アホなんかなー」などと心境を綴っている(メロンは娘の愛称)。この件に関し、ネットには

「そりゃディズニーで恥ずかしいことしたからこうなるわ」
「確かに旦那がこれなら恥ずかしい」
「奥さん、友達とかに諭されて目が醒めてきたのかな」

 と、妻の気持ちを理解する者が続出。しかし一方では、

「もうね。この人うざいです」
「最近の騒ぎは売名行為か?」
「炎上してブログの広告収入狙ってんじゃないの?」

 と“話題作り”を疑う声も少なくない。

「この“離婚届公表ネタ”は、元AKB48・川崎希(28)の夫でモデルのアレクサンダー(32)が、11月24日付のブログに似たような投稿を行ったことが発端。アレクはすぐに、家で発見した離婚届は川崎が仕事で使う小道具だったというオチも明かしましたが、内山はこれに乗っかり『同じタイミングで 俺も嫁に離婚届書けって言われたし』と自ら報告しました。しかし、ディズニーの件で注目を集めたばかりということで、ネット上ではすでに“炎上商法”認定されている状況です」(芸能関係者)

 内山はネタのつもりでも、行き過ぎた自己主張で妻に愛想を尽かされて、オオカミ少年となってしまわないことを祈るばかりだ。

(文/一樹守)

「内山麿我が“ディズニー騒動”で離婚危機…「ただの炎上商法だろ」との声も」のページです。デイリーニュースオンラインは、浜崎あゆみ炎上芸能エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧