ふんどしとパンティがコラボ!絹100%の着物地を使ったランジェリー『KIMONOライン』が新発売

学生の窓口

『KIMONOライン』 左から「FLOWER」「RED」「PLUM」

女性用ランジェリーを販売するFUNTYは、正絹100%の着物地を使ったランジェリー『KIMONOライン』を、2015年12月3日(木)より同社のオンラインショップで販売する。

同社で販売する「FUNTY(ファンティ)」は、伝統的な日本の下着であるふんどしの機能性と、女性に好まれるパンティのデザイン性を組み合わせたという女性用の下着。

「そけい部の締め付けがない」、「通気性が良い」、「開放感があってリラックスできる」といった、ふんどしの利点はそのままに、ふんわりとお尻を包み込むようなデザインが特徴という。

このたび、サイドで結ぶデザインの「VENUS」シリーズより、上質な正絹(シルク)100%の着物地を使った『KIMONOライン』が新登場した。丹後ちりめんや京友禅といった着物地ならではの風合いや図柄を採用し、フリルのような流線的で柔らかなデザインが特徴となる。 デザインは、しなやかな鮫小紋の「RED」、丹後ちりめんの独特の風合いの「FLOWER」、薄手の襦袢用の生地に縁起の良い梅の柄を描いた京友禅「PLUM」の3種類が揃う。

「ふんどしとパンティがコラボ!絹100%の着物地を使ったランジェリー『KIMONOライン』が新発売」のページです。デイリーニュースオンラインは、新製品カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧