益若つばさ、全盛期の髪型復活で“劣化”の風評吹き飛ばせるか

デイリーニュースオンライン

インスタグラム「tsubasamasuwaka1013」より
インスタグラム「tsubasamasuwaka1013」より

 モデルの益若つばさ(30)が自身のインスタグラムに公開した“全盛期の髪型”が前向きな反響を呼んでいる。かつては雑誌「Popteen」の専属モデルとして時代をリードし、ギャルモデルとして盤石の地位を築いていたものの、そんな彼女もすでに三十路に突入。 “劣化”などネガティブな話題ばかりが続いていたが何が起こったのか。

「やっぱり、つーちゃんはロングヘアがいい」の声

 ここ数年の益若は、関係者の間でも以前の顔と比べて不自然な箇所が多く整形疑惑も持ち上がるなど、“劣化”ばかりが騒がれていた。ところが、「久しぶりに髪の毛ロングでパッツンにしたら、 『THE益若つばさの真似をしてる人みたいだね😗』と言われた。😂笑」というコメントとともに投稿された画像には、絶賛のコメントばかりが集まっている。

「12月6日にインスタグラムで公開した画像ですが。サンタクロース風の赤い帽子を被った彼女の髪型がPopteen時代の明るい茶色の“前髪ぱっつん状態”に戻っていたんです。多くのフォロワーからも『昔のつーちゃんに戻ったみたい』『ポップ時代っぽいけど、断然大人っぽい〜〜ナチュラルメイクの方が似合う』『ロングのほうが絶対いい』と大好評です。年齢的にも迷走していた感のあった彼女ですが、これが立ち直るひとつのキッカケになるかもしれません」(ファッション誌編集者)

 髪型ひとつでここまで評価を集めるあたりは「元祖カリスマモデル」は健在という証か。近いうちに“前髪ぱっつんヘア”の別バージョンも見せてほしいものである。

文・阿蘭澄史

ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧