週刊少年チャンピオン『吸血鬼すぐ死ぬ』1巻発売記念! ドラルクの死に様まとめ

デイリーニュースオンライン

『吸血鬼すぐ死ぬ』(秋田書店)
『吸血鬼すぐ死ぬ』(秋田書店)

 12月8日、週刊少年チャンピオン連載中の漫画「吸血鬼すぐ死ぬ」の単行本1巻が発売されました。

「吸血鬼すぐ死ぬ」は吸血鬼コメディで、吸血鬼ハンターのロナルドと不死身の吸血鬼ドラルクが何故かコンビを組んで様々な吸血鬼絡みの事件を解決したり、自伝小説を書いたり、クソゲーのレビューをしたりする漫画です。

不死身の吸血鬼がばんばん死ぬ

 本作の特徴ですが、タイトルにある通り、不死身の吸血鬼ドラルクがすぐ死にます。不死身なので死んでもすぐ再生するのですが、別に不死身であっても無敵ではなく基本クソザコなので些細なことでとにかく死にます。ばんばん死ぬ。

 そもそも吸血鬼というものは力は強いが弱点も多い存在とされておりまして(日光、十字架、ニンニクetc.)、普通の吸血鬼モノでも、どんなに恐ろしい吸血鬼も日光に当たるだけであっさり灰と化してしまう脆弱性がその裏面にあるのですね。表面的な恐ろしさに隠されていますが、あれで実は脆い存在なのです。ブラム・ストーカーの『吸血鬼ドラキュラ』なんて、寝込みを襲われたら為す術もなくやられていたくらいですし。本作はそんな吸血鬼の「意外な脆さ」にスポットライトを当ててデフォルメした作品と言えるでしょう。

 にしても、本作は凄まじい勢いで死にます……。タイトルからしてそうですが、単行本中には「クイズ:1巻でドラルクは何回死ぬでしょうか?(答えは175P)」などのオマケコーナーもあり、とにかくドラルクが死ぬことをプッシュし続けてます。なお、クイズの答えは58回。本編が156ページなので2.6ページに1度は死んでいる計算となります。

 例えば1巻ではこんなことで死にます。

■吸血鬼だから仕方ないよね系

・朝日を浴びる
・ニンニクまみれのアルマジロが頭上に落ちてくる

■ドラルクでなくても死ぬよね系

・毒ガスを受ける
・ビームを喰らう
・スライムに喰われる
・高等吸血鬼の操る植物の蔓に貫かれる

■ショックを受けたのは分かるけど……系

・銃口を向けられる
・居城が爆発した
・変な生き物を見た
・オカマに体を撫で回された

■あらゆる物理攻撃で一撃死系

・バックドロップされる
・背負投げされる
・腹パンされる
・膝蹴りを喰らう
・チョップされる
・ドリルキックされる
・ハエ叩きで叩かれる
・子供にタックルされる
・子供にストンピングされる
・子供に脛を蹴られる
・髪を引っ張られる
・デカイ蚊に刺される

■日常の些細な事故で死んでいたら大変だよ系

・ドアに挟まれる
・戸袋に巻き込まれる
・ポストの角にぶつかる
・子供に押される
・すれ違ったおばちゃんに接触した

■これで死ぬのはガラスハートすぎる系

・子供に罵られる
・ねこだましされる
・ファブリーズを受けた
・ティッシュ配りに無視された
・ゲームの音量が思いの外でかい
・電話が鳴った
・犬が吠えた

■吸血鬼としてそれはどうなんだ系

・若い男の血を吸ったら思いの外こってりしてて胃もたれ死

 しかし、あまりにもカジュアルにすぐ死ぬので逆に利用価値が生まれることもあり、例えば死んで灰になることで相手の目眩ましとしたり、棒倒しの際の砂山の代わりに使ったりもできます。実に便利ですね。

 なお、現在ツイッターでは一巻発売記念企画として、作者の盆ノ木至先生によるエア握手会なるイベントが行われています。

 作中では語られない裏設定を聞き出せるチャンスでもあり、作者とコミュニケーションが取れる機会でもあります。12月15日までということであまり日がありませんが、気になる方は是非こちらもチェック!

著者プロフィール

作家

架神恭介

広島県出身。早稲田大学第一文学部卒業。『戦闘破壊学園ダンゲロス』で第3回講談社BOX新人賞を受賞し、小説家デビュー。漫画原作や動画制作、パンクロックなど多岐に活動。近著に『ダンゲロス1969』(Kindle)

「週刊少年チャンピオン『吸血鬼すぐ死ぬ』1巻発売記念! ドラルクの死に様まとめ」のページです。デイリーニュースオンラインは、twitter漫画連載などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧