【NHK紅白歌合戦】近藤真彦のトリ報道に猛バッシング「絶対見ない」「恥知らず」 (1/2ページ)

デイリーニュースオンライン

シングル「大人の流儀」より
シングル「大人の流儀」より

 ジャニーズの"マッチ"こと近藤真彦が12月12日、「第66回NHK紅白歌合戦(以下、紅白)」で白組のトリを初めてつとめることが一部メディアを通じて明らかになり、視聴者を中心に「世も末だな」「絶対見ないよ」とバッシングが相次いでいる。

白組トリはマッチ、ファンガックリ「ジャニーズ歌合戦」

 小林幸子のサプライズ出場、ももいろクローバーZ(以下、ももクロ)・きゃりーぱみゅぱみゅ、水樹奈々の落選など"波乱の発表"が行なわれた今年の紅白。51組の出場者が発表された11月26日も広く話題になった。

 今月12日には紅組のトリを松田聖子、白組のトリを近藤がつとめることが内定。芸能生活35周年を華々しく飾ることとなりそうだ。近藤は一部メディアを通じて「35周年の本当の締めですから、きっちりいい仕事させてもらうしかないです」と語っている。しかしながら、ネット上では大騒ぎだ。

今、あなたにオススメ
こんな記事も読まれています
ページの先頭へ戻る