広瀬すず“エラ隠し”解禁!?…ポニーテール姿で登場も「誰これ?」と騒然

デイリーニュースオンライン

広瀬すずTwitterアカウントより
広瀬すずTwitterアカウントより

 12月16日、報知新聞社が主催する「第40回記念報知映画賞」の表彰式が行われ、映画『海街diary』で新人賞を受賞した女優・広瀬すず(17)が出席した。広瀬すずは「また報知映画賞をもらえるように頑張りたい」と今後の活躍を誓ったが、いまやネット上では「この人嫌い」と目の敵にされている有様だ。

 表彰式で、同映画の是枝裕和監督(53)から花束を受け取った広瀬は、「監督から花束を貰うのは初めて。ジーンときて泣きそうでした」とコメント。また、広瀬の3人の姉役を演じた女優・綾瀬はるか(30)、長澤まさみ(28)、夏帆(24)らとの共演を振り返り、「お姉ちゃん達の背中を見て、貰った感情を大事にしながら、これからも頑張っていきたい」となどと語った。

スタッフ受けがよく現場では「三大人気」なのだが……

 しかし、広瀬と言えば今年6月、バラエティ番組『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)に出演した際に、撮影スタッフについて「どうして生まれてから大人になった時に照明さんになろうと思ったんだろう?」「なんで自分の人生を女優さんの声を録ることに懸けてるんだろう?」などと発言。これが“スタッフ軽視”としてネットを中心に批判が噴出し、広瀬がTwitterで謝罪した後も騒動は収まらなかった。その後も広瀬がネットの話題に上がる度に何かしらで批判されるようになり、今回の新人賞受賞のニュースに対しても、

「あの音声さん軽視発言以来この子はダメだな」
「裏方軽視発言から良い印象が無い」

 と、やはりあの発言が引き合いに出されてしまっている。

 また、劇中でも見せたショートボブの印象が強い広瀬。この髪型に関して、一部では“エラ隠し”などと言われていたが、広瀬は今回の表彰式にポニーテール風のまとめ髪で登場。前髪も眉上で短く、フェイスラインが強調されていたため、

「広瀬すずさんはアップヘア似合いませんね…」
「ポニーテールだと誰だか分からないな」
「今までボブで輪郭を隠してただけにエラが目立ってしまう」

 といった酷評を浴びている。

「広瀬は例のスタッフ軽視発言だけではなく、CMや映画に引っ張りだこの状態から“ゴリ押し女優”の印象も強く、もはやネット上での炎上は避けられない事態に。2016年1月から放送開始のドラマ『怪盗 山猫』(日本テレビ系)では“天才ハッカー女子高生”役に抜擢されていますが、同様にネット上では『広瀬すずが出る時点で見る気失せる』と、早くも不穏な空気が漂っています。しかし、対照的に現場での評価は最も高い女優のひとりであり、いまや映画やドラマのヒロイン役には『有村架純(22)、土屋太鳳(20)、そして広瀬が三大人気』という声も。一部ネット上からの批判に関しては、本人だけでなく周囲も困惑しているようです」(芸能プロ関係者)

 せっかくの新人賞受賞も、自身の発言の余波が影響し続けている広瀬。2016年はイメージ回復の活路が見いだせるか。

(取材・文/一樹守)

今、あなたにオススメ
こんな記事も読まれています
ページの先頭へ戻る