過激化する嵐ファン...狂言誘拐で逮捕される「アラシック」少女も

デイリーニュースオンライン

Photo by KkleinRN
Photo by KkleinRN

「アラシック」という言葉をご存じだろうか。ジャニーズのファンにとっては「何を今更」という話なのだが、改めて説明すると、熱心な嵐ファンを指す言葉である。その語源は、2006年7月にリリースされた嵐の6枚目のアルバム「ARASHIC」から。アルバム名に込められた「ARASHIC」の意味は、

「嵐らしさ(ARASHI+CHIC)」

 であったが、同アルバムを引っ提げて行われたツアータイトルは「ARASHIC ARASHIC ARASHIK」であった。これは松本潤(32)が「嵐病(ARASHI+SHIK)になるほど夢中になってほしい」という思いから考案したといわれており、事実、その通りに。それどころか、熱すぎて「アラシック=痛い嵐ヲタ」と捉えられる傾向もある。

Mステスーパーライブを巡りアラシック同士が大喧嘩

 新宿駅に張り出された嵐のポスターの前で土下座するファンが出現するなど、これまでもアラシックの奇行はたびたび騒ぎになってきた。

 2015年のクリスマスも、アラシックは大騒ぎを起こした。12月25日、Mステスーパーライブで嵐が登場するシーンでのことだ。通路の両サイドにサンタコスプレ姿のアラシックが陣取り、先頭を歩いていた二宮和也(32)の腕をタッチする一幕があった。

 このシーンに、一部のアラシックが示した反応は物凄かった。二宮とタッチした女性ファンは瞬く間にツイッターアカウントを特定され、個人攻撃を浴びることに。人格を否定する物騒な言葉が多数飛び交う、誹謗中傷の嵐が巻き起こる事態となったのだ。

 この女性ファンがとった行動は、褒められるものではないにせよ、人格を否定されるほどではないだろう。この一件で嵐ファンから受ける罵詈雑言にショックを受け、恐怖のあまり外に出ることができなくなったと、女性ファンの友人が近況をツイッターで代弁している。

 今回の一件を、ジャニーズに詳しいライターに聞くと、次のような感想が返ってきた。

「バッシング自体は、いかにもアラシックが起こしそうな騒動だな、と思いました。予想はできたという意味で、二宮に触れた女性がとった行動は『世間的にはOKでもあの場では避けるべき』だったと思います。嵐は2015年秋に仙台でコンサートを開催しましたが、その遠征費用を捻出するために誘拐を自作自演して身代金をバイト先に要求した少女が逮捕されています。一部にこうした厄介なファンがいることを認識しておかないと、今回のケースのように手痛い目に遭ってしまう」

 多くの嵐ファンにとって迷惑な話だが、アラシックは社会問題にもなりつつある。無用なトラブルに巻き込まれないよう、こちらが注意するしかないのかもしれない。

(取材・文/春山修司)

今、あなたにオススメ
こんな記事も読まれています
ページの先頭へ戻る