婚活で男性の条件に”貯金額”を求めたら婚期を逃す可能性が高まるワケ

デイリーニュースオンライン

Photo by anieto2k
Photo by anieto2k

 結婚願望がある女性は多いと思いますが、実際に”結婚準備”となると話は別です。結婚に必要なものは様々ありますが、その中でも重要なのは「貯蓄」ではないでしょうか。それもパートナー男性のものとなれば気になって当然。収入額も気になるけど、貯蓄額も気になるものです。

調査で判明した独身男性たちの驚きの”貯金額”

 しかし、人には聞けない「貯蓄額」についてデータを集めてみたところ、衝撃の事実が発覚してしまいました。実際に独身男性の「貯蓄がいくらあるか」が気になりますよね。東京スター銀行が貯蓄に関するこんな調査を行っていました。

◇◇◇

・結婚する時に、相手に望む貯蓄高
→女性が男性に望むのは「100万円~300万円」が最多の25%
→男性が女性に望むのは「100万円以下」が最多の20%

・ 独身時代の貯蓄高
→女性が「100万~200万」が最多の18%
→男性が「貯蓄ナシ」が最多の20%

※平成23年 東京スター銀行|男女の金銭感覚調査(全国の20~40代男女 1275サンプル)

◇◇◇

 男性が貯蓄をしない理由には「結婚したら自由にお金を使えなくなるから今のうちに使う」「働いているからいずれ何とかなる」があげられています。「貯蓄ナシ」が最多だったことにショックを隠せませんが、これが現実というものなのでしょう。貯蓄がゼロだなんて、結婚しようと思っていない男性が増えているということなのでしょうか?

 いいえ、違います。貯蓄ゼロでも結婚したくないと考えているわけではないことが以下の調査でわかってきました。内閣府の調査では、20歳~39歳の未婚男性の8割以上が「いつか結婚したい」と思っているものの、結婚しない要因を56.8%の人が「経済的に生活できるか不安」であるとあげています。(平成22年度 内閣府|国民生活に関する調査より)

 男性側の本音は、「自分に貯金がないから相手にも望めない」と相手の貯蓄はあてにせず、そして「いつか貯金を作って結婚したいけど、今は貯金をするつもりはない」と思っていることが、未婚率の上昇に繋がっているようなのです。

 実際に結婚にかかる費用は500万円~600万円が相場と言われています。今流行りの簡素な結婚式(30万円ほど)に節約したとしても、そのあとの当面の生活費、出産や養育費などを考えれば、貯蓄がなければ不安ですよね。総務省の調査によれば、日本では2009年から「30歳未満の女性の所得が男性の所得を上回る」という「逆転現象」が起きています。

 “婚活”という言葉の産みの親であるジャーナリストの白河桃子さんは、昨年「記事の向こう側」というコラムで「男性が妻子を養う時代は終わった」と宣言しています。日本でも、結婚してからも共働きを続ける夫婦が増えていますが、これからはますます女性の経済力が結婚率の上昇に繋がっていきそうです。婚活で男性の”収入額”を気にするのは仕方ないですが、”貯蓄額”を求めるのは無理があるようです。そんなことをしたら、結婚対象の男性が限りなくゼロになってしまうかもしれませんので考えを改めましょう。

文・Gow!Mgazine編集部

「婚活で男性の条件に”貯金額”を求めたら婚期を逃す可能性が高まるワケ」のページです。デイリーニュースオンラインは、貯金婚活女子などの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧