香里奈“女優生命”危うし…ついにジャニーズからも見捨てられた!? (1/2ページ)

デイリーニュースオンライン

香里奈オフィシャルサイトより
香里奈オフィシャルサイトより

 2016年に最も動向が注目されるタレントの一人となっている香里奈(31)。連ドラ主演で復活を果たしたものの視聴率は惨敗し、早くも後のない正念場となっているためだ。このまま上がり目がなければ完全に消えてしまうだけに勝負の年となっている。

大股開きだけじゃない…ドラマ惨敗の原因は演技力のなさ?

 香里奈は2014年3月に「大股開き写真」を週刊誌『フライデー』(講談社)にスクープされてイメージが急落。留学中に出会った当時の恋人である台湾人男性とベッドで眠りこけながら、Tバック状態に食い込んだパンツ丸出しで「パッカーン」と大股開きしている衝撃の写真だった。

 しかも隣の部屋に友人たちがいる状況でコトに及んだ「事後」の写真だとされ、記事で友人から「大声で燃え上がっていた」と証言されてしまう最悪のスキャンダルだった。

 程なく、香里奈は説明のないまま活動を休止。引退説すらささやかれたが、2015年10月クールの連続ドラマ『結婚式の前日に』(TBS系)に主演し、奇跡の復活を果たした。

 ところが、これが大コケ。初回こそ7.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)とまずまずのスタートだったが、徐々に視聴者が離れて一時は4%台まで数字を落とし、全話平均視聴率は5.63%でプライムタイムとしては大惨敗。同クールの全ドラマの中でぶっち切りの最下位だった。

 この敗因として第一に挙がったのは当然ながら主演・香里奈の「大股開き」イメージ。ドラマが感動系のストーリーだっただけに、視聴者の脳裏に大股開き写真が浮かべば興醒めになってしまう。

 しかし、それよりもっと深刻な原因もあったとささやかれている。

「視聴者からは脚本の評判がよく、脇を固めた遠藤憲一(54)や原田美枝子(57)、鈴木亮平(32)の演技が好評だった。また、珍しく悪役を演じた真野恵里菜(24)も役にハマっていたと高評価されました。しかし、周囲の好演によって香里奈の大根ぶりが目立ってしまい、何となくチグハグな印象になってしまっていた。大股開きイメージに加えて、肝心の演技でも主演自らドラマの足を引っ張ったと業界内ではもっぱらです」(芸能関係者)

ページの先頭へ戻る