不倫疑惑のベッキー、涙ながらの会見も「第二の矢口真里」の恐れ (1/2ページ)

デイリーニュースオンライン

写真はtwitterより
写真はtwitterより

 4人組バンド・ゲスの極み乙女。のボーカル川谷絵音(27)との不倫交際を報じられたことについて、タレントのベッキー(31)が1月6日に会見を行った。ベッキーは川谷絵音との交際を否定した上で、涙ながらに「友人関係であることは間違いありません」と騒動を謝罪。突如飛び出した“好感度タレント”の衝撃スキャンダルに、ネット上では厳しい意見が飛び交っている。

この正月には川谷の実家を訪れ両親に挨拶も

 1月7日発売の『週刊文春』(文藝春秋)によれば、川谷は一般女性と2015年夏に結婚していたが公にしておらず、10月に出会ったベッキーには11月下旬に自ら妻帯者であることを伝えたという。しかし、離婚協議中の川谷はクリスマスイブもベッキーと2人で過ごし、今年の正月には2人で川谷の郷里・長崎の実家を訪れ、川谷の両親に会っていたことを報じている。

 ベッキーは6日の会見で、「アーティスト川谷絵音さんの作る音楽のファン」と説明。2人での食事や川谷の実家を訪れたことは事実と認めたが、「お付き合いということはなく、友人関係であることは間違いありません」と恋愛関係を否定。「誤解を招くような大変軽率な行為だったと深く反省しております。申し訳ありませんでした」と、会見中に何度も頭を下げた。

「不倫疑惑のベッキー、涙ながらの会見も「第二の矢口真里」の恐れ」のページです。デイリーニュースオンラインは、矢口真里炎上芸能エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧