「だだ漏れが恐い!」ベッキーの不貞騒動で“LINE恐怖症”になる人が急増中

アサ芸プラス

「だだ漏れが恐い!」ベッキーの不貞騒動で“LINE恐怖症”になる人が急増中

 タレントのベッキーと「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音の不貞問題で、またもや“文春砲”が炸裂し、ネット上では「ベッキー芸能生活終了」の大合唱となっている。

「21日発売の『週刊文春』はまさに2人にとってトドメの一撃。特にベッキーは会見について『友達で押し通す予定!笑』というLINEのメッセージが暴露され、大きな痛手を負いました。LINEにはほかにも『略奪でもありません!』とベッキーが開き直る言葉もあり、挙句には文春を『センテンス スプリング』と茶化す始末。この報道で彼女の好感度は取り戻せないほど地に落ちたと言えるでしょう」(週刊誌記者)

 その一方、今回の騒動でとばっちりを受けているのがLINEだ。

「今回のスクープの核となっているのが二人のLINEでのやり取り。誌面でもこれが動かぬ証拠となっています。もちろん今回は第三者の手により表に出た情報であることは間違いないのでしょうが、あまりの手際の良さに世間でもLINE自体が文春に情報提供したのではないかという不信の声が上がっています。もちろん会社が提供することは絶対にありえません。それでも『会話が監視されているから怖い』『いつだだ漏れするかわからない』と“LINE恐怖症”になる人が増えています。LINEからすればとんだとばっちりですよ」(前出・週刊誌記者)

 もはやベッキーと川谷の“両成敗”だけでは片づけられない事態にまで発展していきそうだ。

こんな記事も読まれています
ページの先頭へ戻る