休業でも同情なし!?ベッキーを「擁護」する女性タレントが一人もいない理由

アサジョ

休業でも同情なし!?ベッキーを「擁護」する女性タレントが一人もいない理由

 期限は明言されていないとはいえ、ついにベッキーが休業宣言。ハッキリしない謝罪会見から、新たな不貞LINEが表に出るなど、好感度ナンバーワンから一転、タレント生命の危機に陥っている。

 ベッキーといえば、「いつでもお礼を書けるようにレターセットを持ち歩いている」「スタジオには敬意をこめて礼をしてから入ります」などの“優等生発言”で知られているが、“エピソード”はまだまだあるという。

「某番組で、女芸人のいとうあさこがカラダを張った芸でスタジオ中を沸かせているなかで、ベッキーは一人だけ『かわいそう』と空気の読めない発言を連発しました。ですが、芸人に『かわいそう』は禁句。いとうはプロですから同情されるより笑ってくれたほうが100倍プラスになります。結局、自分の好感度を気にした“演技”に見えてしまいゲンナリしました」(テレビ誌ライター)

 さらに、女性誌ライターがこんな鋭い指摘を見せる。

「昔から男性芸人にやたらチヤホヤされていることに違和感がありました。『アメトーーク!』(テレビ朝日系)では“ベッキー大好き芸人”なる特集が組まれるほど人気が高く、他の番組でも男性タレントが『見えなくなるまでロケバスから手を振ってくれた』『番組出演前に記入するアンケートを全部書いてくれて、行によってペンの色を変えてくれたりする』などとベッキーの良い人エピソードを語っていましたが、男の前だけ態度を変えていただけと見ている関係者もいます。今回の事件を擁護するタレントの顔ぶれを見てもわかりますが、女性タレントからホメられているのをほとんど見たことがありません」

 今回の騒動でアンチの女性を急増させてしまっているようで、ネット上では「本当にイイ人って、とくにアピールなんかしないもの」「飲み会ですぐにサラダ取り分けたがる女がいるけど、ベッキーってまさにそういうイメージ。胸やけがするほどの“気配りできる女ですよ”アピールでもうお腹いっぱい」といった辛らつな意見が飛び交っている。

 本人は食事も喉を通らず激ヤセしているというだけに体調だけは心配だが、ただひと言「不貞は間違い」と言えていれば、これほどまでに敵を作ることもなかっただろう。

(山内純)

こんな記事も読まれています
ページの先頭へ戻る