狩野英孝が加藤紗里との奇妙な関係を激白「彼女のバックに大きな人がいる」

デイリーニュースオンライン

写真はインスタグラムより
写真はインスタグラムより

 一部で“6股疑惑”がささやかれている狩野英孝(33)が、2月14日(日)放送の読売テレビ「上沼・高田のクギズケ!」(関西ローカル)に出演。交際中とされているタレントの加藤紗里(25)との関係について、司会の上沼恵美子(60)から鋭い追及を受けた。

 上沼から激怒されて番組は終了するかと思いきや、あまりにも素直に答える狩野に上沼は母親の気分になったのだろうか、

「この人(狩野)を守ってあげてくださいね」

 と視聴者に呼びかけるという意外な結末に。狩野は姉御肌の上沼を味方に付けた。

■「川本のストーカーはない」

 放送の内容をまとめると、次のようになる。

・加藤は「狩野から今すぐ帰ってこいと言われた」と言っているが、言っていない
・急に帰ってきて「旅費を払って」と言われたので、10万円渡した
・川本にストーカーはされていない。事務所にも嫌がらせはない
・出会いは10月と言っているけれど、出会ってから1カ月しか経っていない
・ネックレスはあげていない
・加藤はテレビに出て嘘をいっている
・加藤がバックに大きい人がいるというので、怖い

 こうした狩野英孝の言葉を聞いた上沼は、

「あなた本当に愛しているの? いいようにオモチャにされてるんやで。こんな女とは別れなさい」

 と言う場面も。泥沼の事態は風雲急を告げているのだ。

 ここで今回の騒動を少し振り返ってみよう。

 事の発端は、1月25日、川本がツイッターに「半年前から彼氏がいる」「特定の人へのメッセージです。わたしの彼氏をとらないでください」と投稿したことから始まった。

 2月2日、川本の交際相手が狩野だと報じられると、加藤がインスタグラムで、

「去年の12月からお互いの事務所公認の上で、狩野英孝さんとお付き合いさせていただいています」

 などと発信。その後、複数の女性がツイッターやテレビの取材などで狩野との関係を告白した。

 2月9日のテレビ朝日系「ロンドンハーツ」では狩野は加藤とともに出演し、交際を認め、「尻の軽い男なので。心当たりのある方すいません」と謝罪。その後、川本は狩野との破局を認めた。

 加藤は狩野に対して「慰謝料90万円」を請求することを検討しているという話もある。

 番組を見た人からは、狩野を責める声よりも同情する声、上沼のすごさをつぶやく声が多かった。

「エイコーちゃんが嘘を言ってるようには思えない」「ここまで引き出す上沼がやっぱり凄いのかも」と、狩野英孝のキャラと上沼恵美子の司会力が絶賛されている。

「狩野は独身なので、単純には比べられないが、ゲス育休議員こと宮崎謙介衆院議員(35)やゲス極のボーカル・川谷絵音とは明らかに視聴者の目が違いますね」(テレビ関係者)

 そこに狩野の魅力があるのかもしれないが、そろそろ火遊びは止めないと痛い目をみないとも限らない。まずは騒動の行方を見守りたい。

(文/秋月祥子)

このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧