嵐・相葉、NEWS・小山に続き…ジャニーズの”家族商法”が話題に (1/2ページ)

デイリーニュースオンライン

ネームバリューを利用したくなるのもわかるが...(写真はイメージです)
ネームバリューを利用したくなるのもわかるが...(写真はイメージです)

 身内に名の知れた芸能人がいることは、商売に追い風になる。それは芸能事務所でも規律が厳しいことで知られるジャニーズ事務所でも例外ではない。Kis-My-Ft2・玉森裕太(25)の弟がファッションブランドを立ち上げ、玉森裕太自身が“宣伝”に勤しんでいると話題になっているのだ。

 ジャニーズタレントの中には、実家が千葉県で中華料理店「チャイナハウス 桂花楼」を営む嵐・相葉雅紀(33)、母親が神奈川県で「ラーメン龍太郎」というラーメン屋を開いているNEWS・小山慶一郎(31)など、家族が飲食店を経営している例は少なくない。相葉、小山の実家ともこぞってファンがお店を訪れているが、玉森の弟のブランドも兄のPRにより、商品が完売状態になっているという。

「事の発端は、1月に発売されたDVD『2015 CONCERT TOUR KIS-MY-WORLD』のメイキングでした。玉森が着用していた私服のTシャツについて、一部のファンが『DTL』というブランドの商品だと特定。HP上の事業者名が『玉森』になっていたため、弟のブランドじゃないかと騒ぎになったんです」(ジャニーズに詳しいライター)

■7344円のTシャツが完売

 さらに2月23日発売の『週刊女性』(主婦と生活社)では、この件の詳細を伝えている。弟・T氏が同ブランドを設立したのは昨年9月のことで、玉森はKis-My-Ft2メンバーや仲のいいスタッフに「弟がブランドを立ち上げたんです。よかったら使ってください」と報告し、Tシャツを配っていたという。洋服にこだわりがある玉森のアドバイスもブランドに活かされているようだ。

「DTL」のサイトを見ると、掲載されている4点のTシャツは「SOLD OUT」で、12,960円の「DTL ボール」なる商品が売れ残っている状態。応援するタレントと同じグッズを持ちたいと思うのがアイドルファンの心理だけに、完売している7,344円のTシャツは、どれもファンが買い占めたのだろう。

こんな記事も読まれています
ページの先頭へ戻る