清原逮捕の次は?“芸能人薬物リスト”に追加された人気俳優

デイリーニュースオンライン

清原逮捕の余波はまだ続く?
清原逮捕の余波はまだ続く?

阿蘭澄史の「芸能人は因果な商売である」

 元プロ野球選手・清原和博容疑者(48)の逮捕後、芸能関係者界隈では“次に逮捕される芸能人”の話題で持ちきりになっている。2月10日発売の『週刊新潮』(新潮社)では、歌手・長渕剛(59)の覚せい剤疑惑が実名で報じられているが、今もさまざまな大物芸能人の薬物情報が飛び交っている。

「芸能人たちをざわつかせたのは、2月24日発行の『東京スポーツ』一面で報じられた“大物司会者”の存在です。記事によれば、逮捕前の清原は大物司会者を名指しで『ヤク中』と話していたそうですが、この人物が『誰なのか』と一斉に検証がスタート。有名お笑い芸人、タレントと次々にタレントの実名が浮上し、ダウンタウン・松本人志(52)は2月28日放送『ワイドナショー』(フジテレビ系)で『どう見ても浜田(雅功)』とネタにしていたほどです」(スポーツ紙記者)

 その後も『東スポ』を始め、薬物疑惑芸能人の報道は鳴り止むことがない。有名アスリート、カリスマアーティスト、そして今年突然露出が減った“超大物歌姫”の存在も取り沙汰されている。

■捜査当局が大本命とマークする俳優のH

「そんな中で、テレビ局編成幹部の間で“捜査当局の本命”と睨まれているのが、有名俳優のHです。ドラマや映画と現在でも幅広く活躍するHですが、昨年夏頃より覚せい剤疑惑が浮上している。社会部の複数記者が裏取りに走り、すでに麻薬取締官にマークされているという情報も入っています」(テレビ局関係者)

 Hと言えば30代のイケメン俳優で、10代でデビューした後から継続的に芸能活躍を続けている。今年に入ってからも連ドラに出演する、文字通りの第一線人気俳優だ。

「薬物疑惑が確信的になっていったのは、警察が押収したと言われる“シャブビデオ”の存在です。どういった成り行きで撮影されたものかは不明ですが、そのビデオではHが覚せい剤を吸引している様子が映しだされているもので、逮捕に結びつく確固たる証拠となっているようです。当初はあくまでも“疑惑”止まりでしたが、ある麻取が『次に逮捕するのはHだ』と話していたこともあり、局側も一気に慎重になっていきました」(同関係者)

 覚せい剤のビデオといえば、思い出されるのは2014年に逮捕されたCHAGE and ASKA・ASKA(58)の逮捕事件。『週刊文春』(文藝春秋)報道により、ASKAが覚せい剤を吸引している様子を撮影したビデオの存在が取り沙汰され、その後は逮捕に至っている。

「現在でも芸能界の第一線で活動を続けるHだけに、万が一逮捕となればその衝撃はASKAの比ではないかも知れません。すでにHに対して『出演禁止令』が出ている局も存在するだけに、今後の動向が注目されます」(同)

 日を追うごとに追加されていく“芸能人薬物リスト”。Hを筆頭に、その実名が公になっていく日は訪れるのか。

阿蘭澄史(あらん・すみし)
1974年滋賀県出身。フリー記者。某在京スポーツ紙の契約記者を経て、現在は週刊誌等で活躍中。主な著書に『真相!アイドル流出事件簿』(ミリオン出版)、『事務所をクビになった芸能人』(竹書房)、『芸能人のタブー』(宙出版)など。
今、あなたにオススメ
こんな記事も読まれています
ページの先頭へ戻る