清原逮捕に続くか?薬物芸能人”芋づるリスト”の衝撃 (1/2ページ)

デイリーニュースオンライン

清原容疑者に続くか?薬物芸能人”芋づるリスト”の衝撃
清原容疑者に続くか?薬物芸能人”芋づるリスト”の衝撃

阿蘭澄史の「芸能人は因果な商売である」

 清原和博容疑者(48)の逮捕を発端に、“薬物芸能人”に関する情報が業界中を駆け巡っている。アスリートのみならず、俳優、アーティスト、そしてアイドルと、芸能人の”薬物疑惑”はとどまることを知らず、捜査当局が部署を飛び越えて火花を散らしている。

「芸能人の逮捕と言えば、警視庁組対5課と厚労省が管轄する麻取の対立がよく知られており、違法薬物の密売人にも警視庁寄りと麻取寄りの人物に分かれている。ある芸能事務所幹部の寵愛を受けていた女性は都心で怪しげなバーを経営していたのですが、彼女の店には薬物の使用が噂される芸能人やミュージシャンが出入りするのに長年、逮捕されなかった。この愛人女性が麻取の情報源だったから。しかし、そうした関係があっても結局、この愛人は警視庁に挙げられた。最近ではここに神奈川県警、大阪府警なども入り乱れて、次なる薬物芸能人の逮捕に躍起となっている」

 こう語るのは、自身も組対5課に籍を置いたことがあるベテラン刑事だ。捜査当局にはドラッグに手を出している芸能人の情報が日夜、舞い込むのだという。現在、捜査関係者の間では「今後の動向次第では逮捕もありうる。言うならば本命リスト」と囁かれている人物がいるというが、そのどれもが芸能界ではかなりのビックネームで聞いたこちらが驚くほど。そのリストに記された5人の重要人物に触れておきたい。

■ディナーショーで部屋に籠って出てこない

 筆頭格は、爽やかなルックスと裏腹に反社会勢力との交友が取り沙汰される俳優I。現在は結婚して仕事も順調そのもの、落ち着いた感はあるが……。

「独身時代から、少々物騒な私生活が週刊誌によって報じられていましたが、その裏では数年に渡って警視庁のマークが入っていた。彼は覚せい剤というより、大麻やコカインを好むようで女も絡んでいる。乱痴気騒ぎが好きなようだね」

 Iは今年、出演した映画の公開も控えている身だが、果たして薬物への依存は断ち切れるものなのだろうか。さらにオリコン1位を度々飾った女性アーティストOも捜査の対象になった時期があるという。

「彼女は所属レーベルのマネージャーに恋をし、うまくいかないとドラッグに走るという困った癖があるようで、失踪騒動を何度か起こしている。現在は一線を退いているがネームバリューは抜群。いずれ挙げられるのでは」

 そしてOと同じく、アーティストであり伴侶も元タレントというTも、長年“薬物疑惑”が囁かれてきた人物だ。

「かねてから横暴な態度や言動が目立つTですが、元交際相手の女性タレントが『Tはヤク中』だと一時期周囲に言いふらし、実際に週刊誌が動いたこともありました。ディナーショーをやってもキマり過ぎて部屋から出てこない、なんてことがあったようです。シャブの食い過ぎでしょう。数年前、コンサートを突然中止したことが話題になっていますが、この時には警察関係者もTの動向を注視していたと言われています」(レコード会社関係者)

ページの先頭へ戻る