押尾学の”爆弾発言”に戦々恐々?生活苦から暴露の可能性 (1/2ページ)

デイリーニュースオンライン

Photo by Kavian Borhani
Photo by Kavian Borhani

 元俳優の押尾学が、「週刊新潮」3月10日号で「今もテレビに出ている奴がいる」などと爆弾発言をして波紋を呼んでいる。

■押尾学が生活苦…貯金を切り崩す日々

 2009年8月に、六本木ヒルズで合成麻薬MDMAの使用によるホステス死亡事件に関与したとして、麻薬取締法違反や保護責任者遺棄致死罪などで逮捕された。そして実刑判決を受け、2012年3月に収監された。服役期間は最大3年6ヶ月だったが、炊事場の工場長を任されるなど模範囚として認められ、刑期を短縮して2014年12月に仮出所。その後はメディアや押尾の知人のSNSなどを通じて、出所後の元気な姿が明るみになっている。

 週刊新潮のインタビューで押尾は現状について説明。実家で家族と暮し、最低限の生活には困らないというが「毎日しんどい。お金のやりくりも、恥ずかしい話なんですが腕時計などを売って何とかしのいでいます。貯金を取り崩してもいますが、そろそろなくなってしまう」と話し、生活苦であることを明かした。

 同インタビューで押尾は、27歳当時の所属していた研音にハリウッド行きを却下されて辞めたことに対して後悔を漏らし、「事務所から貰っていた給料は月に150万円。別途でCMはギャラの半分を貰っていた。振り返れば、本当によくしてくれたんだなと思います(週刊新潮3月10日号特別ワイド「刑務所では工場長『押尾学』の『今もテレビに出ている奴がいる』」より抜粋)」と語っている。さすがに、毎月150万の給料が出ていた頃に比べれば、生活レベルが下がったと言わざるを得ないだろう。

こんな記事も読まれています
ページの先頭へ戻る