広瀬アリス「家事したくない」発言に批判殺到!

日刊大衆

広瀬アリス「家事したくない」発言に批判殺到!

 3月14日、スペシャルドラマ『ひこうき雲』(NHKBSプレミアム)の試写会に広瀬アリス(21)、三吉彩花(19)が出席。その席で“結婚か仕事か”という質問への広瀬の答えが広瀬の答えが波紋を呼んでいる。

 松任谷由実(62)が荒井由美名義で73年に発表した同タイトルの楽曲をもとに、1980年代の女性の生き方を描いたこのドラマ。試写会では主人公を演じる広瀬に対して、テーマのひとつでもある“結婚か仕事か”についての質問があったが、それに対して広瀬は「結婚願望は全くない」と発言。つづけて「私は自由に生きたい。家族とはいえ他人のために家事はしたくない」とコメントした。

 この発言はネットでたちまち話題となり、主に男性と見られる人から「家族とはいえ他人か。切ないな」「これを嫁に言われて泣いたわ俺」「わからなくもないけど言い方ってものがあるだろが」といった批判的な声があがった。反して、世間の女性からは同調する声があがるかと思いきや、「仕事と結婚を両立する気ゼロ。初めからする気がないんでしょ、この子」「なんか家事と育児をバカにされた気がする」と、こちらからも批判的なコメントがあがることとなった。

「アリスの妹は、モノの言い方で何かと物議を醸すことの多い広瀬すず(17)です。アリスもまだ21歳。若さゆえということもありますが、2人とも共通して発言のキツさがたびたび指摘されています。広瀬すずに遅れて、広瀬アリスの活躍もここに来て目立ってきましたが、姉妹揃って炎上イメージがつくのは事務所としては避けたいところでしょうね」(芸能関係者)

 男女雇用機会均等法が施行された1980年代を舞台に、女性の生き方を描いた同作。広瀬アリスのこの発言は、役を通して得た結婚観なのだろうか? 3月24日放送のスペシャルドラマ『ひこうき雲』に注目が集まる。

こんな記事も読まれています
ページの先頭へ戻る