陣内智則が『ナカイの窓』を干される理由を、岡村隆史が暴露!

日刊大衆

陣内智則が『ナカイの窓』を干される理由を、岡村隆史が暴露!

 3月17日深夜放送のラジオ番組『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』にて、ナインティナインの岡村隆史(45)が、陣内智則(42)が『ナカイの窓』(日本テレビ系)を干されることになった原因について、言及した。

『ナカイの窓』は3月16日と23日の放送では「ハワイSP」として、ハワイロケの内容を放送。しかし岡村によると、このロケの際、移動の飛行機の座席が中居正広(43)はファーストクラスだったのに対し、陣内や他の芸人はエコノミークラスだったため、スタッフに「エコノミーは辛い」とクレームをつけたという。「事前に伝えた」「聞いていない」と押し問答になった結果、全員がビジネスクラスになったのだが、制作費が膨大に膨らむことに。ハワイでのロケ中に中居がその騒動をイジってくるのだが、いくらギャグで返そうとしても全くウケず地獄のような時間が続くことになったという。

 また、『ナカイの窓』のスペシャル放送をゴールデンでやろうとしたのだが、真裏の『ナイナイのお見合い大作戦』(TBS)にゲストで陣内が出演していたため放送ができなくなった経緯もあり、陣内はスタッフから恨みを買ってしまった、と岡村は説明していた。

「番組の裏カブりは仕方ないですが、飛行機の搭乗寸前で座席にケチをつけるのは、批判されても仕方ないでしょう。制作費が年々削られる現在で、少しでも予算オーバーしてしまうと、プロデューサーの責任が問われます。現場のスタッフも上から怒られるため、当然その恨みは陣内に向かうでしょうね」(番組制作関係者)――果たしてこの結果、陣内は本当に干されてしまうのだろうか?

ページの先頭へ戻る