課金次第で彼氏に?乃木坂46公式ゲームの”非情内容”が物議 (1/2ページ)

デイリーニュースオンライン

乃木坂46のスマホゲームがエグい!?(写真はイメージです)
乃木坂46のスマホゲームがエグい!?(写真はイメージです)

 AKB48を追い越す勢いだといわれる乃木坂46初のゲーム化作品であるスマートフォン用恋愛シミレーションゲーム『乃木恋〜坂道の下で、あの日僕は恋をした〜』が、4月下旬から配信される。プレイヤーの上位100名のみがリアルイベントにも招待されるとあって、早くも熾烈な争いが予想されている。

■上位100名は最低200万円という予想も

 乃木坂初のゲームタイトルとして春から展開されるスマホ向けの告白アドベンチャーRPG『乃木恋〜坂道の下で、あの日僕は恋をした〜』。プレイヤーは「私立乃木坂学園」で乃木坂のメンバーが在籍する芸能科クラス唯一の男子生徒になる。メンバーのマネージャーもつとめ、その過程で好きなメンバーと親密度が上がると、彼氏一歩手前の「アンダー彼氏」に昇格。さらに期間限定イベントで好成績をおさめた上位100名が、晴れて彼氏に。彼氏になったプレイヤーは、ゲーム内でデートシーンを見られる他、リアルの「彼氏限定イベント」への参加券が得られるという。

 同ゲームの公式サイトでは事前登録がスタートしており、すでに11万6千人以上が登録済みだ(3月25日現在)。またTwitterキャンペーンを実施しており、「#乃木恋」でツイートされた総数に応じて、キャンペーンに参加した各ユーザーはゲーム内通貨「NC(ノギコイン)」を一定額入手できる予定。

 そんな中、ファンが活発に議論しているのはゲーム内課金について。プレイは基本無料であるものの、上位100名はリアルイベントへの参加券も得られるとあって、対象の期間限定イベントで、課金して有利な状況を作り出すプレイヤーが多く現れるだろうと言われている。「(100位以内は)10万円の課金ではムリ」「最低200万は必要だろう。上位は1000万クラス」と争いは熾烈を極めると目されている。

「乃木坂のメンバーはほぼ出ませんが、総選挙は年に1回、"推しメンバーへの愛"という名目の経済力が試され、実際に1人で1000万円分以上CDを購入するファンも出ると言われています。課金ゲームとなれば、ファンは年間通して乃木坂愛が試されるでしょう。常に上位100名以内をキープしたいプレイヤーも出てくるでしょうし、考えただけでちょっと恐ろしいですね」(芸能関係者)

 乃木坂メンバーの日々の努力で、ファンの熱い支持を得ているからこそできる芸当ではあるのだが、運営側にとってはローリスク・ハイリターンの美味しい商売になりそうだ。

注目記事
「課金次第で彼氏に?乃木坂46公式ゲームの”非情内容”が物議」のページです。デイリーニュースオンラインは、課金スマホゲーム乃木坂46AKB48エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧