TV美女の「深酔い現場」を“ベロンベロン”生報告!(1)吉高由里子の飲み友達はあの女芸人 (1/2ページ)

アサ芸プラス

TV美女の「深酔い現場」を“ベロンベロン”生報告!(1)吉高由里子の飲み友達はあの女芸人

 花見シーズン到来! 満開の桜の下でベロンベロンに酔い潰れる男女の姿は春の風物詩だ。そこで都内の盛り場を徹底リサーチすると、季節を問わず深酔いするTV美女の泥酔エピソードがゴロゴロ飛び出した。胸出し事件から取っ組み合い寸前のマジ喧嘩まで、恥ずかしすぎる酔態を生報告する!

「ハイボールが大好物。だけど、5杯以上飲ませたら危険です」

 芸能関係者がこう警鐘を鳴らすのが、真木よう子(33)の深酔い現場だ。

「酒が入ると演技についてアツく語り始めるんです。それだけならまだしも、『あの役者は全然なってない』とか、大声で共演者批判をすることもあって、周囲はヒヤヒヤだそうです」(前出・芸能関係者)

 お気に入りのメンソールタバコをくゆらし、ハイボールをガブ飲みする真木。

「お代わり!」

 とジョッキをテーブルに叩きつけるたびに、推定Gカップの豊乳が上下に跳ねる。貫録十分の酔態に、周囲はもはや黙従するしかなかったそうだ。

「芸能界の女番長」こと和田アキ子(65)も酒席では我が道を行くタイプだ。

「ある新人女性歌手が和田さんに誘われて、店に行くとなんとサシ飲み。3時間あまり歌について指導を受けたそうです。その間はトイレに立つことはもちろん、携帯を見ることもできない雰囲気で、本人はもう疲労困憊していました」(音楽関係者)

 一方、人気女優の吉高由里子(27)はハシゴ酒の現場が頻繁に目撃されている。

「女友達と肩を組んで焼き肉屋を飲み歩いていたのは有名な話。しかし、最近は肴の好みが肉から魚に変わったようで、朝まで“すし三昧”することも珍しくないそうです」(芸能記者)

 そんな吉高の飲み相手を務めるのがお笑いコンビ、ハリセンボンの近藤春菜(33)だ。2人は14年に放送されたNHKの朝ドラ「花子とアン」で共演して以来の仲だという。

「多い時で週に3回は食事に行っていました。恐らく春菜さんと一緒だと、太ることに抵抗がなくなるのでしょう。

「TV美女の「深酔い現場」を“ベロンベロン”生報告!(1)吉高由里子の飲み友達はあの女芸人」のページです。デイリーニュースオンラインは、週刊アサヒ芸能 2016年 4/7号近藤春菜真木よう子吉高由里子米倉涼子エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧