ネット動画で1千万円超を稼ぐ"子どもユーチューバー"に賛否の嵐 (1/2ページ)

デイリーニュースオンライン

高収入のキッズユーチューバーに賛否(写真はイメージです)
高収入のキッズユーチューバーに賛否(写真はイメージです)

 お笑いコンビ博多華丸・大吉の博多華丸(46)が「THE MANZAI2014」の漫才で、「ユーチューバーになりたい」とボケて笑いを取っていたが、そういう時代ではなくなってきているのかもしれない。朝の情報番組『スッキリ!!』(日テレ)で4月14日、「キッズユーチューバー」特集が放送され、総再生回数が4億回以上を記録する6歳の"がっちゃん"などが紹介された。これに対し、視聴者の間で賛否が分かれている。

■子どもの憧れ…ユーチューバーは高収入?

 同番組内で「今時の子どもたちの夢の職業」の一つとして紹介されたユーチューバー。動画共有サイト「YouTube」にオリジナルの動画を定期的にアップし、広告収入などを稼ぐユーザーを指す。日本のトップには「ヒカキン」や「はじめしゃちょー」「セイキン」「マックスむらい」などが存在し、年収で数千万円以上稼いでいると言われる。

『スッキリ!!』の特集でまず紹介されたのは、同世代のキッズに大人気のキッズユーチューバー・がっちゃん。2、3日に1本の動画を定期的にアップしているという"がっちゃん"は、3歳でデビューして以来、400本以上の動画を投稿。ついには、オモチャメーカーのタカラトミーなど企業から各種タイアップの話が舞い込んだという。

 他にも、投稿動画数300以上・総再生回数1900万回以上を誇る名古屋在住のキッズユーチューバー3姉妹が登場。メガネ型ストローの紹介動画の制作風景を紹介した。ちなみに同姉妹の動画にまつわる撮影や編集はお母さんが担当し、作業は夜中まで及ぶこともあるとか。

 同特集内に登場した現役ユーチューバー「カブキン」は、最近は1再生あたりの広告収入が約0.08円になると解説(2016年4月現在)。仮に単純計算すると、がっちゃんが記録する4億回の再生数なら約3200万円だ。「1年前は0.03円だった」というカブキンの証言を考慮して少なく見積もっても、1000万円以上は稼いでいる見込みになる。

注目記事
「ネット動画で1千万円超を稼ぐ"子どもユーチューバー"に賛否の嵐」のページです。デイリーニュースオンラインは、がっちゃんねるユーチューバーYouTubeエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧