前田敦子「映画で歴史に名を残したい」のビッグ発言に現場スタッフは呆れ顔!

アサ芸プラス

前田敦子「映画で歴史に名を残したい」のビッグ発言に現場スタッフは呆れ顔!

 4月20日スタートのドラマ「毒島ゆり子のせきらら日記」(TBS系)で“超恋愛体質女”を演じる前田敦子。毎回男性とのキスシーンがあることで話題になっているが、そんな前田の“ビッグでビックリ”な発言が聞こえてきた。

「前田は現在上映中の映画『モヒカン故郷に帰る』で主役の松田龍平の恋人役で出演しています。AKB48を卒業してからの4年間で9本の映画に出演しており、その数は確かに多いのですが、まさかこの映画の告知取材で『映画に出続けて歴史に名を残したい』『“前田敦子映画祭”のように名前が残る女優になりたい』などと言い出すとは思いませんでした。自分を“女優”だと思っているようですが、女優の仕事をする“トウが立ったアイドル”ですよ。夢を見るのは自由ですが、あまりのビッグ発言に現場スタッフからは『お前が言うな!』『映画を舐めている』『呆れ果てた』などとソッポを向かれた状態です」(映画製作会社関係者)

 覆水盆に返らず。前田がスタッフの気持ちを取り戻すためには、誰もが認める女優に成長するしかないだろう。

「前田敦子「映画で歴史に名を残したい」のビッグ発言に現場スタッフは呆れ顔!」のページです。デイリーニュースオンラインは、モヒカン故郷に帰る毒島ゆり子のせきらら日記前田敦子エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧