番組共演、食事会でもヨリは戻さず…さんまと大竹しのぶの「現在の距離感」

アサジョ

番組共演、食事会でもヨリは戻さず…さんまと大竹しのぶの「現在の距離感」

 5月28日放送の「メレンゲの気持ち」(日本テレビ系)1000回記念スペシャルのスペシャルゲストとして明石家さんまが登場。離婚した大竹しのぶや子どもたちについて語った。

「今は大竹も子どもたちも、仕事が忙しくてスケジュールを合わせるのが難しいそうです。たまの食事会では、大竹からダメ出しされることが多いそうで、バイキングに行って自分の料理しか取ってこないことに『自分勝手』と言われてしまったのだとか」(芸能ライター)

 しかし、マナー教室の講師に言わせると、バイキングの場合は人の分まで取ってくるほうが間違っていて、自分が食べる分だけ取ってくるのがバイキング(ブッフェ)のマナー。厳密に言えばさんまの行動のほうが正しいのだが、この2人の場合、話はそう単純ではない。

「離婚後、何度も番組で共演してきた2人ですが、大竹にはそれでもヨリを戻す気にならないほど積み重なった鬱憤があるのでしょう」(前出・芸能ライター)

 5月9日に娘のIMALUが投稿したツイッターには、新幹線で偶然出会ったさんまの姿が。その笑顔はテレビで見せる“お笑いモンスター”ではなく、優しい父親そのもの。この家族には、現在の距離感がちょうどいいのかもしれない。

(伊藤その子)

「番組共演、食事会でもヨリは戻さず…さんまと大竹しのぶの「現在の距離感」」のページです。デイリーニュースオンラインは、IMALUメレンゲの気持ち大竹しのぶ明石家さんまマナーエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧