ブリッ子に疲れ果てた?小林麻耶の長期休養に「パニック障害」を心配する声

アサ芸プラス

ブリッ子に疲れ果てた?小林麻耶の長期休養に「パニック障害」を心配する声

 5月19日放送の「バイキング」(フジテレビ系)生放送中に、体調不良で救急搬送されていたフリーアナウンサーの小林麻耶。検査を終え、すでに退院はしたものの“当面は仕事を休む”ことを所属事務所が発表。5本のレギュラー番組への出演は取りやめとなるようだ。

 医師からは「過労による体調不良」と言われており、具体的な病名の診断はなかったそうで、復帰の時期も未定としている。

 この発表にネット上では「もしかしたら、パニック障害?」と心配する声が上がった。医療系ライターは「パニック障害なら芸能活動は難しい」と話す。

「症状としては、突然激しい動悸や発汗、窒息感、身震いまたは震えなどで、うつ病を併発することもあります。小林さんのようなまじめな性格の人は、周りの期待感に応じようと無理をして、こうした症状に陥ることも少なくありません」

 倒れた前日の18日のブログで「わたし、社会人になってからは、友達できなかった」「寂しかった。悲しかった。ずっとお友達欲しかった」と綴っていた小林。“ブリっ子イジられキャラ”を演じていることに、ついに心がついていかなくなったのだろうか。

(李井杏子)

「ブリッ子に疲れ果てた?小林麻耶の長期休養に「パニック障害」を心配する声」のページです。デイリーニュースオンラインは、小林麻耶バイキングパニック障害ブログエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧