木下優樹菜、「水曜日のダウンタウン」のマジギレ放送事故に視聴者ドン引き!

アサジョ

木下優樹菜、「水曜日のダウンタウン」のマジギレ放送事故に視聴者ドン引き!

 6月15日のバラエティ番組「水曜日のダウンタウン」にて、「グラドルでも芸人の言うとおりにコメントすれば、そこそこおもしろい説」というドッキリ企画が放送された。

「番組ではスタジオにいるグラドル・鈴木ふみ奈の行動を、別室にいる博多大吉が他の出演者に黙って、イヤホンを使い指示するという内容を放送しました。例えばプレゼンターの庄司智春が登場し、持ちギャグの『ミキティー』を披露した際は、鈴木が大声で『ミキティー』と全力で叫び返すなど、空気の読めない言動を繰り返すといった流れです。ダウンタウンをはじめ、他の出演者はまさか彼女が操られているとは思っていないため、鈴木の突飛な言動に苦笑していました」(テレビ誌記者)

 このドッキリには視聴者も騙されたようで、番組の最後にネタばらしがされると「完璧に騙された」「今回はホントおもしろかった」「もう一度最初から番組を観たくなる素晴らしい仕掛け」と、企画に対しては絶賛の声が相次いだ。

 だがその一方で、今回のドッキリによってイメージを下げてしまった芸能人がいたという。

「収録中、ドッキリとは思っていない木下優樹菜が、鈴木の言動を見かねて『ちょっと待って、必死なのはわかるんですけど、もうちょっと空気っていうものを読んだほうがいいかな』とブチ切れる一幕がありました。これに対し視聴者からは『怖すぎて観てるこっちがヒヤヒヤした』『見た目が落ち着いても中身はヤンキー』『今回、木下だけが好感度を下げる結果に‥‥』とドン引きする声がSNSなどで相次いだのです。木下も言い過ぎたと思ったのか、番組の最後には『ほんとにごめんね』と何度も本人に謝罪していました」(前出・テレビ誌記者)

 今回、多くの視聴者が騙され、注目を集めた「水曜日のダウンタウン」のドッキリ企画。しかし出演者の中で木下だけが、不運にもイメージを下げる結果となってしまったようだ。

(森嶋時生)

「木下優樹菜、「水曜日のダウンタウン」のマジギレ放送事故に視聴者ドン引き!」のページです。デイリーニュースオンラインは、鈴木ふみ奈水曜日のダウンタウン木下優樹菜エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧