なぜ嫌われる?テレビから消えたMay J.に「一発屋」の中傷バッシング

デイリーニュースオンライン

アルバム「Sweet Song Covers」より
アルバム「Sweet Song Covers」より

 歌手のMay J.(28)が最近、テレビやメディアにパッタリ姿を見せなくなった。2015年の紅白歌合戦でもその姿はなく、今年に入ってから「一発屋だった」という声が巷でチラホラ聞こえるようになっている。彼女の近況を追った。

■2014年紅白がピーク…オリジナル曲はやっぱりダメ?

 ディズニーのアニメ映画『アナと雪の女王』の主題歌『Let It Go〜ありのままで〜』をカバーして一躍流行に乗ったMay J.。2014年は各所で同曲を歌いまくって注目を集め、同年の紅白に出場した。

 その後、映画の人気が静まるとともに尻すぼみ。2015年も2月には7thシングル『ReBirth』を、夏場にはディズニーと再びコラボして8thシングル『Sparkle~輝きを信じて~』を披露するなど、懸命に活動を続けていた。しかし2015年11月には、森永製菓のPRイベントに真っ赤なドレスで登場し、報道陣から「紅白に出たいか」と問われて、顔をこわばらせるほど歌手活動が低迷していた。

 これら一連の流れを受け、「レリゴー」が流行った当時から「代表曲がカバー曲のみだ」などと批判を浴びていたが、今や「消えた」「ありのままの姿も見えなくなった」「本物の一発屋」という声が少なくない。

 最近の活動状況はもうひとつパッとしない。バラエティ番組『1億人の大質問!?笑ってコラえて!』(日本テレビ系)の企画「珍コーナー!朝までハシゴの旅」で大学生を相手に尾崎豊の『I LOVE YOU』を歌う“神対応”を見せたと一部で話題になることもあれば、今年5月にはタレントの宮澤エマ(27)とともにバラエティー番組『あいつ今何してる?』(テレビ朝日系)に出演した際には学生時代の友人の動向に一喜一憂。しかしどれも単発仕事で自身の曲を歌うことはなく、チラホラ顔を出す程度で終わっている。

 また4月には情報番組『ノンストップ!』(フジテレビ系)に出演し、過去に散々「カバーソングばかり」と非難されたことに対して「乗り越えていかなければいけない」と決意をにじませていたものの、「被害者ヅラ」などと一部で炎上した。今月3日には、デビュー10周年記念ライブの東京公演を行なったが、会場は収容人数2千人弱の中野サンプラザと、元・紅白歌手にしては少し寂しい状況。今後カバー曲に頼らず活躍を見せてほしいところだが……。

「『レリゴー』は需要がなくなり、カラオケバトルを展開していた『関ジャニの仕分け∞』(テレビ朝日系)も2015年3月に終了。すっかり姿を見なくなりました。オリジナル曲も一定の評価を受けていますが、『ありのまま』のヒットに比べれば微々たるもの。本人もこの状況を打破しないといけないと分かっているようですが力弱く、“カバーソング歌手”のレッテルを剥がせず迷走しているようです」(報道関係者)

 こうなればもう、開き直って新たなカバーソングを求め、ディズニーにお百度参りをして復活を図るのも一つの手かもしれない。

文・阿蘭澄史(あらん・すみし)
※1974年滋賀県出身。フリー記者。某在京スポーツ紙の契約記者を経て、現在は週刊誌等で活躍中。主な著書に『真相!アイドル流出事件簿』(ミリオン出版)、『事務所をクビになった芸能人』(竹書房)、『芸能人のタブー』(宙出版)など。
注目記事
「なぜ嫌われる?テレビから消えたMay J.に「一発屋」の中傷バッシング」のページです。デイリーニュースオンラインは、Let It Go~ありのままで~May J.アナと雪の女王エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧