昨日はドラクエ、今日はポケモンを絶賛の中川翔子がオタクに嫌われ始めた!?

アサ芸プラス

昨日はドラクエ、今日はポケモンを絶賛の中川翔子がオタクに嫌われ始めた!?

 7月16日、タレントの中川翔子が映画「ポケモン・ザ・ムービーXY&Z『ボルケニオンと機巧(からくり)のマギアナ』」の舞台挨拶に登場し、映画をPRした。

 今年で10年連続でゲスト声優として出演している中川は「私の10年を作ってくれたのがポケモン映画。本当に幸せです」とポケモン愛をアピール。ところが、これに対してオタクたちから批判が上がることとなってしまった。

 中川はこの6日前、プロ野球ソフトバンク─楽天戦で始球式を務めたのだが、「ドラゴンクエスト・ライブスペクタクルツアー」のPRとして中川が演じるアリーナ姫の衣装でマウンドに立った。「剛速球で“かいしんのいちげき”を決めるイメージでした」そうだが、実際はゴロ。「このミスを心の“冒険の書”にセーブします」とドラクエ用語を使ってドラクエ愛を見せつけた。

「ポケモンといえば任天堂で、ドラクエといえばスクウェア・エニックスです。ライバル関係にある2つを『大好き』だとしたので、どっちつかずだとして批判されています。せめてもう少し間を開ければよかったのでしょうが、連続したのはよくなかったですね」(週刊誌記者)

 そもそも中川には“ニワカオタク”疑惑があったことも、批判に拍車をかけた。売名のためにオタクを装っているだけで、実際はそれほど詳しくないのではないかというのである。

「アニメ、漫画、ゲームなどのオタクジャンルは幅が広すぎて、全て詳しくなるのは不可能です。詳しくない部分は正直に告白したほうが“炎上”は避けられると思うのですが‥‥」(芸能ライター)

 しょこたんが、“にわか”で炎上した矢口真里の二の舞にならないよう祈るばかりだ。

注目記事
「昨日はドラクエ、今日はポケモンを絶賛の中川翔子がオタクに嫌われ始めた!?」のページです。デイリーニュースオンラインは、始球式中川翔子ドラゴンクエストポケモンオタクエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧