「27時間テレビ」過去最低の大惨敗もフジ社員が「むしろ清々しい」と語るワケ

アサ芸プラス

「27時間テレビ」過去最低の大惨敗もフジ社員が「むしろ清々しい」と語るワケ

 7月23日~24日にかけてフジテレビで放送された「FNS27時間テレビフェスティバル!」。1987年のスタートから今年で30回目の放送となった同番組だが、結果は過去最低の視聴率7.7%を記録する大惨敗に終わった。

「一年に一度、皆さんに笑顔をお届けする大感謝祭」をテーマに設定し、ナオト・インティライミが野外ステージで100曲を熱唱するなど、フェスティバルを強調する内容だったが、空騒ぎに終わってしまったのである。

 この結果を受け、フジテレビ社内ではさぞ重苦しいムードが漂っているかと思いきや、意外な声が現場から漏れてきた。

「むしろ清々しいぐらいですよ」と語るのは、中堅ディレクターだ。

「テーマ曲が小沢健二の『強い気持ち・強い愛』だったことから分かるように、番組全体でスタッフの趣味を貫いた結果です。ですから、今回は当てに行って外したんじゃなく、好き勝手やって外したということ。確かに数字は最低でしたが、ヘコんでいるスタッフは全然見当たりませんよ」

 なんともアッケラカンとしたものだが。

「こうなると、来年は当てに行かざるを得ないですよね」と、このディレクターは表情を硬くしたのだった。

 果たして来年は‥‥。「27時間テレビ」自体あるのかどうかも含め、動向を見守りたい。

(白川健一)

「「27時間テレビ」過去最低の大惨敗もフジ社員が「むしろ清々しい」と語るワケ」のページです。デイリーニュースオンラインは、強い気持ち・強い愛27時間テレビ小沢健二フジテレビエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧