Hey! Say! JUMP中島主演ドラマが低迷…次なる刺客も惨敗濃厚か

デイリーニュースオンライン

Photo by Nicolas Alejandro Street Photography
Photo by Nicolas Alejandro Street Photography

 Hey! Say! JUMP・中島裕翔(22)主演の連続ドラマ、『HOPE~期待ゼロの新入社員~』(フジテレビ系)の視聴率が悲惨だと話題になっている。7月17日の初回平均視聴率は6.5%。24日に放送された第2回は7.1%と微増だが、依然として低空飛行で、ここからのジャンプアップは厳しい状況にある。その原因とされているのが、ドラマの発表直前に報じられた中島裕翔に関する立て続けのスキャンダルだという。

 中島は、4月発売の『週刊ポスト』(小学館)で、女優・吉田羊(年齢非公表)との7連泊愛が報じられて大きな話題になった。そればかりかその7連泊翌日には、路上で泥酔し一般女性に抱きつくなど警察沙汰になったという。それらが週刊誌に報じられ、当初はドラマの中止まで議題に上がっていたとの情報もある。

 さらに一部の関係者の間では、同ドラマの裏帯、TBSの『日曜劇場』には到底勝てる見込みのない制作陣だったため、放送前から苦戦は間違いないと囁かれていたという。そこに相次ぐ女性関係のスキャンダルが重なり、さらなるイメージダウンに繋がって“ファン離れ”を加速させる結果にもなっているというのだ。

「元々中島は、藤島ジュリー景子副社長(50)の大のお気に入りとして有名です。これまで飛び抜けた大抜擢がなかったのも、大事にされていた証拠でしょう。それが今回、満を持して『HOPE』の主役に抜擢されたのにも関わらずこのスキャンダル、そしてこの結果ですから事務所内も相当ピリピリしているようです」(ジャニーズ事情に詳しい芸能関係者)

 これまでは何かと目立たない存在だった中島だが、ドラマの主演を目前に悪評で有名になってしまったため、この視聴率低迷は当然と言わざるをえない。

■過去のスキャンダルを払拭できるか

 売り出したいタレントをドラマの主役に抜擢するのは、力を持つ芸能事務所ではよくある話。ジャニーズ事務所が中島の次に売り出そうとしているのが、ジャニーズWESTの藤井流星(22)だという。藤井流星は、E‐girlsのメンバーである藤井萩花(21)・夏恋(20)の実兄としても知られ、ジャニーズWESTには他のメンバーの推薦で急きょ加入したことでも話題になった。

 しかし彼には過去にスキャンダルがあり、その悪いイメージを払拭するためのゴリ推しと推測する声もある。前出の芸能記者がいう。

「一昨年4月のCDデビュー翌日に、『週刊文春』(文藝春秋)が2012年の6月に当時18歳で未成年だった藤井が、大阪のクラブで女性をナンパし、飲酒や喫煙をしていたと報じました。同報道の信ぴょう性が低かったことから、事務所からも特におとがめはなかったようですが、デビューの大事な時期での報道はダメージが大きかった。この報道は、現在に至るまで尾を引いています。イメージ回復を図る場が必要で、そこで持ち上がったのがドラマの主演。10月期の日本テレビ系への抜擢が決定したようです」

 藤井にとっては今後のアイドル人生を左右する大仕事になるのは間違いない。中嶋のように“爆死”しないことを祈るばかりだ。

文・橘カイト(たちばな・かいと)
※1979年島根県生まれ。編集プロダクションを経て、フリーに。週刊誌などで芸能関係の記事を執筆。また、民俗学などにも精通し、日本のタブーにも数多く取材。主な著書に『真相!禁忌都市伝説』(ミリオン出版)ほか多数。
「Hey! Say! JUMP中島主演ドラマが低迷…次なる刺客も惨敗濃厚か」のページです。デイリーニュースオンラインは、HOPE~期待ゼロの新入社員~藤井流星中島裕翔Hey! Say! Jumpジャニーズエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧