公共放送がなぜ自国を批判?中国人が語る”NHKの偏向報道”

デイリーニュースオンライン

NHKの報道に感じる大きな違和感 (C)孫向文/大洋図書
NHKの報道に感じる大きな違和感 (C)孫向文/大洋図書

 こんにちは、中国人漫画家の孫向文です。

 2016年8月20日、『NHKスペシャル 沖縄空白の1年〜“基地の島”はこうして生まれた』が放送されました。番組内容は太平洋戦争時の沖縄戦とそれにともなう米国による沖縄統治を紹介するというものでしたが、視聴した僕は大きな違和感を持ちました。

■一方的な視点で語られる戦後の沖縄

 番組中では沖縄戦後、米軍により収容所に送られた人々の証言、基地建設のために多くの住人が立ち退きを要求されたこと、朝鮮戦争時に米軍が沖縄の基地を重要な拠点としたこと、日本の復興の際に本土が優先されたこと、戦後の沖縄に自治政府を設立しようという運動があったことなどが紹介されていました。確かにこれらは事実かもしれませんが、番組内では「迫害される沖縄の住民=正義」、「米軍・日本政府=悪」という一方的な視点で事実が語られていました。

 確かに太平洋戦争後、米軍が基地を建設するために地元住民の土地を奪ったのは事実ですが、沖縄米軍基地は、朝鮮戦争やベトナム戦争などアジアの共産主義勢力を攻撃するために使用されたのです。仮に沖縄基地が存在しなかったら、今ごろ「赤い勢力」は沖縄を含むアジア全域を侵食していたかもしれません。また戦争により疲弊し、大規模な産業を持たない当時の沖縄が独立したとしても、自治が円滑に行えたとは思えません。

 番組内ではダグラス・マッカーサーの、「アメリカ軍による沖縄の占領に日本人は反対しない なぜなら沖縄人は日本人ではないのだから」という本国への打電を引き合いに出し、まるで当時の本土の人々が米軍の沖縄占領を支持していたかのような報道を行いました。しかし、番組をよく見ればわかるように、これはあくまでマッカーサー個人の見解であり本土の人々の総意ではありません。これは沖縄独立論を肯定するためのプロパガンダだと僕は感じました。

 また、番組終盤では「やがて、アメリカは沖縄を拠点にして朝鮮戦争を開始した」と結論付けられていましたが、朝鮮戦争は旧ソ連を主導とする共産主義勢力の拡大を阻止するための戦いであり、決して米軍による侵略行為ではありません。仮に朝鮮戦争が発生しなかったら、朝鮮半島全域は共産主義化し現在の北朝鮮のような最貧国となっていたでしょう。中国の教科書では、朝鮮戦争時に共産主義勢力として戦った自国の軍隊を「抗美援朝」(アメリカに抵抗し、朝鮮統一を援助する共産党軍)と呼び賛美します。アメリカの武力行使を否定するこの番組のスタンスは中共政府と同様のものと感じました。

■NHKに賛同する五毛党

 番組終了後、僕が上述の疑問点をTwitterに投稿したところ、すぐさま中国の五毛党(報酬と引き換えに中共政府を肯定する中国のネットユーザー)たちから「この番組は真実の歴史を語っている!琉球人は日本人じゃない!」「残念ながら21世紀のアジアのリーダーは中国だ!」といった反論が寄せられました。つまり、中共政府と同じ思考を持つ層が、NHKの番組内容を肯定していたのです。

 NHKの報道番組を見ていると、偏向性を感じることが多々あります。例を挙げると、16年2月21日に放送された「新・映像の世紀第5集−若者の反乱が世界に連鎖した」は、過去に発生した各国の反政府デモが肯定的に紹介されていましたが、同日は東京の繁華街で市民団体による安保改正反対デモが開催されていたのです(デイリーニュースオンライン3月19日掲載)

 また16年8月18日放送のニュース内で「子どもの貧困」が特集され、パソコンが買えず1000円のキーボードでタイピングの練習を行う女子高生が紹介されていましたが、放送された彼女の部屋には1万円以上の商品が置かれ、Twitterのアカウントを調べると、映画を鑑賞したりキャラグッズを大量に購入するなど、一般的な女子高生となんら変わらない生活を送っていることが発覚しました。事実は定かではありませんが、彼女が番組のための「仕込み」だった可能性もあるでしょう。

 豊かな家庭や整然と陳列されたスーパーなど、北朝鮮のプロパガンダ報道は日本のみなさんも目にする機会は多いと思います。同じく中国でも人々が幸せに暮らす様子を描いた捏造報道がひんぱんに行われます。一方、日本の公共放送局であるNHKはなぜか自国に対し批判的な報道を繰り返します。なぜそのような事態になったのか不明ですが、僕はNHKの報道体制は全般的に見直すべきだと思います。

著者プロフィール

漫画家

孫向文

中華人民共和国浙江省杭州出身、漢族の31歳。20代半ばで中国の漫画賞を受賞し、プロ漫画家に。その傍ら、独学で日本語を学び、日本の某漫画誌の新人賞も受賞する。近著に『中国のもっとヤバい正体』(大洋図書)など。

(構成/亀谷哲弘)

「公共放送がなぜ自国を批判?中国人が語る”NHKの偏向報道”」のページです。デイリーニュースオンラインは、政治沖縄NHK中国連載などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧