巨人V逸で始動「原辰徳GM就任」という“秘策” (1/3ページ)

日刊大衆

巨人V逸で始動「原辰徳GM就任」という“秘策”

 屈辱的ゲーム差での2位にもはや黙っていられない。泣く子も黙るあの名将が、悩める“愛弟子”のために再び球界に帰還する……!?

「今年は賭博問題とか、いろいろ想定外の事態があって、スタートのときから厳しい状態だったから、非常に苦しい展開になることは予想されていた。その中ではよく頑張っている」 9月10日、広島カープとの直接対決で敗れ、リーグ優勝を許した巨人軍。その2日後の12日、都内で行われたオーナー会議に出席した巨人の老川祥一オーナー(74)は、記者たちの前で高橋由伸監督の手腕を高く評価し、来季の続投を明らかにした。

 しかし2位とはいえ、巨人が首位・広島に14ゲームもの差をつけられ、本拠地・東京ドームでの胴上げを許してしまったことは事実。「巨人は“常勝”が義務づけられたチーム。このようなブザマな形でのV逸は、初年度は許されても、来年以降は許されるはずがありません。来季は3年契約の2年目とはいえ、成績次第で由伸監督のクビも危うくなる可能性があります」(スポーツ紙デスク)

 坂本勇人がリーグ首位打者、菅野智之が防御率トップに立つ活躍を見せながらも、貧打・投壊が露呈し、怪我人の多発も相まって、どうしても“タマ不足”のイメージがつきまとった巨人。今年のようなことを繰り返さないためには、オフシーズンの「補強」が何より重要になってくるのは言うまでもない。しかし、最近の巨人は、補強がうまくいっているとは言い難い。「ここ最近、巨人はドラフトも外国人もカンが外れっぱなし。それでいて、かつて、長嶋監督時代のように他球団のエースや4番などFA選手にことごとく触手を伸ばすという荒業も、最近はなかなか通用しない。このまま若手の育成もできなければ、ジリ貧は明らかです」(前同)

 そこで今、球団内部ではにわかに“ある話”が現実味を帯び始めているのだという。「原辰徳前監督(58)の待望論です。といっても監督再登板ではなく、監督退任後、巨人軍特別顧問というポストに就いている原前監督を、新たにGMとしてチームに迎えようという声があるんです。多くの球団関係者が、この案を歓迎しているそうですよ」(同)

 巨人の監督を務めた通算12年の間に7度のリーグ優勝、そして3度の日本一を成し遂げた名将・原氏。

「巨人V逸で始動「原辰徳GM就任」という“秘策”」のページです。デイリーニュースオンラインは、スポーツなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧