成宮寛貴の”コカイン疑惑”スクープから見る「報道の自由」の意味 (1/2ページ)

デイリーニュースオンライン

「成宮寛貴10周年記念メモリアル本」より
「成宮寛貴10周年記念メモリアル本」より

DJあおいの「じゃあ言わせてもらいますけど」

 写真週刊誌『フライデー』(講談社)によるコカイン使用疑惑報道を受け、芸能界から引退した元俳優の成宮寛貴(34)。現在は日本を離れ、海外に滞在しているとみられるが、報道はますます過熱しており、収まる気配がない。この騒動をDJあおいはどう見ているのか──。

■限りなくクロに近いグレーな印象

 コカイン使用疑惑から突然の芸能界引退発表、現在は東南アジアのどこかの国に身を隠していると思われる成宮寛貴さん。

 薬物疑惑に関しては弁護士立会いのもと尿検査で陰性だったとされていますが、コカインは数日経てば尿検査で反応が出なくなってしまうともいわれており「シロ」とは言い切れず未だグレー。

 引退文も薬物使用の有無には触れずにセクシャリティな部分を晒されてしまったことが引退の原因だと記されています。見ようによっては薬物疑惑をLGBT問題にすり替えた内容にも見えるため、限りなくクロに近いグレーな印象を受けてしまいますね。

 セクシャルマイノリティであることは罪ではありませんが、薬物使用は罪ですからね。心中はお察ししますが、そこら辺のシロクロはきっちりさせてから引退した方がよかったんじゃないかなと個人的には思います。

『フライデー』も伊達や酔狂で薬物疑惑を報じたわけではないでしょう。それなりの確証があって報じたことだと思います。それが報道の自由ってやつなのもわかります。

 しかし『フライデー』が報じるように、もし成宮さんが本当に薬物を使用していたとして、その先の報道の責任ってやつはどうするんですかね。成宮さんがクロだったとしたら、成宮さんにとっての最善手は罪を償い、それなりの治療やカウンセリングを受けて社会復帰することです。

「成宮寛貴の”コカイン疑惑”スクープから見る「報道の自由」の意味」のページです。デイリーニュースオンラインは、DJあおいフライデー成宮寛貴マスコミドラッグエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧