新垣結衣「逃げ恥」視聴者が場外乱闘?妻の“家事報酬”を巡り大激論が勃発!

アサジョ

新垣結衣「逃げ恥」視聴者が場外乱闘?妻の“家事報酬”を巡り大激論が勃発!

 新垣結衣主演ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)の12月6日に放送された第9話の録画を含めた総合視聴率が30%を記録したことが15日、明らかになった。最終回は、20日午後10時から15分拡大スペシャルで放送される予定で、どこまで数字を伸ばすかが注目される。

 そんななか、ある激論がいまネット上で喧々諤々と繰り広げられているという。それが、このドラマに端を発した“夫婦のあり方”論争だ。

 事の起こりは、13日に放送された第10話のラストシーン。プロポーズ後に平匡(星野源)が「試算しました」と出した紙には、正式に結婚した場合と現状のままとでは、将来の貯金額が違うとあった。これに対しみくりは“私をタダで使えるから結婚するの?”と思い込み、「愛情の搾取に断固反対!」と宣言。

 このみくりの言葉にネット上では、「妻にも家事報酬は必要派」と「不必要派」に分かれて激しいバトルが勃発。その内容は「主婦の無料奉仕=愛情の搾取かぁ。難しい問題だ」「平匡はみくりの生活全部背負うつもりなのに、愛情の搾取って言われ方は可哀想」「2人で生活していくうえで自分のお金確保しとくのはとても大事」「主婦って結局“好きの搾取”かも」など、世代を超えての“朝まで生討論”が繰り広げられているのだ。

 これまでは、平匡とみくりの恋の行方に“キュン死”していた視聴者だったが、正式結婚に発展しそうなところで、いきなり現実問題に引き戻されてしまったようだ。

 最終回を前に討論はますますヒートアップしていきそうで、物語の結末同様、コチラも目が離せない。

注目記事
「新垣結衣「逃げ恥」視聴者が場外乱闘?妻の“家事報酬”を巡り大激論が勃発!」のページです。デイリーニュースオンラインは、逃げるは恥だが役に立つ結婚生活家事新垣結衣エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧