韓国で慰安婦像が量産体制へ?2017年に日韓関係は”過去最悪”へ向かう (1/2ページ)

デイリーニュースオンライン

騒動の震源地となった韓国第二の都市・釜山
騒動の震源地となった韓国第二の都市・釜山

「日韓合意の精神に反するもので、きわめて遺憾だ」

 杉山晋輔外務事務次官(63)が韓国の李俊揆(イ・ジュンギュ)駐日大使に抗議し、早急に撤去を求めたが、現地ではお祭り騒ぎ。市民団体が「釜山(プサン)市民の勝利」「日本の心からの謝罪と賠償を最後まで要求する」と雄叫びを上げた。

 釜山の日本総領事館前に韓国の市民団体が慰安婦像を設置。いったん地元の地方自治体が撤去したが、世論の猛反発を受け、一転して設置を認めてしまったのだ。言うまでもなく、2015年末に慰安婦問題の<最終的かつ不可逆な解決>を謳って結ばれた日韓合意(注1)に背く行為。また外国公館前での侮辱行為を禁じたウィーン条約も無視している。

 この時の日韓合意では、日本が元慰安婦へ10億円の支援金を支払い(済み)、韓国はソウルの日本大使館前に設置された慰安婦像の撤去などに努力することで手打ちしていた。要するに韓国側は前言撤回、手のひら返し、約束不履行。ひらたく言えば<嘘つき>ということになる。しかも既存のソウルと釜山と一部の海外だけでなく、日韓合意後も慰安婦像は増え続けているのだ。

 韓国国内では大邱(テグ)で建設予定なのを始め、「韓国内100ヶ所に置こう」という運動まである。また海外では、米ワシントンや独フライブルクなどへの設置も狙い続けている(注2)。もはやアニメ『機動戦士ガンダム』における雑魚メカ、<量産型モビルスーツ>(注3)のような、慰安婦像の大量生産体制に入ったといえる。

注目記事
「韓国で慰安婦像が量産体制へ?2017年に日韓関係は”過去最悪”へ向かう」のページです。デイリーニュースオンラインは、日韓反日韓国慰安婦連載などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧