自粛要請を無視して慣行?SMAP”キムタク抜き”慰労会でジャニーズ大混乱

デイリーニュースオンライン

Photo by Pixabay
Photo by Pixabay

 SMAP解散の日となった12月31日、木村拓哉(44)以外のSMAPメンバーが都内で“慰労会”を行っていたことを報じられ、解散後も波紋を呼んでいる。報道によれば、中居正広(44)、草なぎ剛(42)、香取慎吾(39)、稲垣吾郎(43)の4人に、元メンバーでオートレーサーの森且行(42)を加えた計5人のメンバーが、都内の高級焼肉店で完全プライベートな打ち上げを行っていたという。25年という月日を経て深まった絆を感じるような場面ではあるが、そこに1人姿を見せなかった木村拓哉は、果たして“来なかった”のか、それとも“誘われなかった”のか。

 一部報道によれば、木村は毎年年越しをハワイで過ごすというが、今年はドラマの収録スケジュールの兼ね合いがあり、家族と共に自宅で過ごした可能性が高いとされるている。メンバーで唯一家庭があるということもあり、木村だけが年末年始の過ごし方に差が生じるのも理解はできるが、この裏にも今後のジャニーズとしての立ち位置が大きく反映されたとみる声も多い。

「この年末の慰労会が週刊誌にすっぱ抜かれてしまった際、ジャニーズ幹部は大激怒していたようです。特に、解散当日となる大晦日は大人しくしておいてくれとメンバーにも訴えていたといいます。しかし、彼らは慰労会を強行決行。木村だけは、事務所の言いつけを忠実に守った形です」(芸能記者)

 木村へは誘いがあったのか。その真相が明らかになることはないだろうが、どうやらお互いの利害としては一致していたことが分かる。しかし、それにしても事務所からの訴えかけにも応じず慰労会を行った4人は、木村とはもちろん、ジャニーズとの溝も相当に深くなっていることが明らかだ。

■ジャニーズ内部も分裂…崩壊も時間の問題か

 今回の慰労会の開催に関しては、ジャニーズ関係者もほとんど把握していなかったという。一連のSMAP解散騒動の陰にあって、ジャニーズ内部も既に大荒れ状態なのだ。

「SMAP解散騒動で、マネージャー陣にも大きな分裂が生じたようです。4人の独立の動きに合わせて、一緒に移籍しようとしているマネージャーがいるなんて嘘みたいな話もあります」(芸能記者)

 今回慰労会を決行したことからも、独立や移籍の可能性は濃厚とみていいだろう。既出の報道通り、今年9月が契約更新となるだけに、独立に向けた動きもそのタイミングで表面化してくると考えられる。その時、マネージャー陣にも大きな動きが現れるようなことがあれば、これがジャニーズ崩壊に向けた号令となるかもしれない。

文・真田栄太郎(さなだ・えいたろう)
※1978年神奈川県出身。大学在学中にフリーライターとして活動を始め、『東京ダークサイドリポート』(ワニマガジン社)、『週刊宝島』(宝島社)、『Hot Dog Press』(講談社)などに寄稿。現在は週刊誌の記者・編集者として事件、芸能取材に奔走する

注目記事
「自粛要請を無視して慣行?SMAP”キムタク抜き”慰労会でジャニーズ大混乱」のページです。デイリーニュースオンラインは、SMAP木村拓哉ジャニーズエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧