思わぬところから“追い風”が吹いたピコ太郎

リアルライブ

思わぬところから“追い風”が吹いたピコ太郎

 昨年、「Pen-Pineapple-Apple-Pen(PPAP)」の動画が大人気となりブレークを果たした歌手のピコ太郎だが、同曲で使われるフレーズ「ペンパイナッポーアッポーペン」などが、大阪府内にある無関係の企業によって商標出願されていたことが発覚し各メディアが報じている。

 この件に関しては24日、商標登録出願についてツイッターで情報を流しているアカウントの投稿で話題に。一部の報道によると、「ペンパイナッポーアッポーペン」と「PEN PINEAPPLE APPLE PEN」は昨年11月、それぞれ2度にわたって、商標を使用する商品・役務を分けた形で商標出願されていたという。また、昨年10月と11月の3回にわたり「PPAP」も商標出願されていたが、いずれも審査待ちの状態だという。

 一方、ピコ太郎が所属するレーベルを傘下におさめるエイベックス・グループ・ホールディングスは昨年10月、「PPAP」を商標出願していたが、「ペンパイナッポーアッポーペン」と「PEN PINEAPPLE APPLE PEN」については出願していなかったというのだ。

 「この大阪の企業は、過去にも『STAP細胞はあります』、『民進党』となど流行のワードを手当たり次第といってもいいぐらいの勢いで出願。しかし、ほとんど審査が通らなかった。とはいえ、出願を繰り返すこと自体は違法ではないので、どうすることもできない」(全国紙社会部記者)

 タイミングよく、ピコ太郎は25日に都内で行われたイベントに登場。各スポーツ紙によると、この問題について報道陣から聞かれると、「詳しいことはよく分かりませんが、いろんなことがあるので、いろんなこと同士で“あ〜ん!”してPPAPすればいい」と返したという。

 「確実に“一発屋”と言われていたが、新年早々、いきなり“追い風”が吹いた。この問題が解決するまでは話題の人物。なんだかんだで“持ってる”だけに、今年もなんとか生き残るのでは」(芸能記者)

 商標問題がどういう形で決着するのかが注目される。

「思わぬところから“追い風”が吹いたピコ太郎」のページです。デイリーニュースオンラインは、エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧