戸田恵梨香がドラマ現場でタバコをスパスパ、ご機嫌モードのワケとは?

アサ芸プラス

戸田恵梨香がドラマ現場でタバコをスパスパ、ご機嫌モードのワケとは?

 4月14日スタートのドラマ「リバース」(TBS系)でヒロイン役を演じる戸田恵梨香。原作はベストセラー作家・湊かなえの同名小説で、主演に藤原竜也を迎えていることもあって、春ドラマの「大本命」と推す声も多い。

「放送開始前の4月上旬の時点で、すでに4話目を撮り終えています。藤原さんや戸田さんを始め、市原隼人さんら主要キャストは本当にNGが少なく、スタッフ内でも『撮影がサクサク進む』と現場でのテンションが高い。普通なら3時間はかかるシーンでも、1時間で撮り終えることも珍しくありません」(ドラマ関係者)

 なかでもご機嫌モードで撮影に臨んでいるのが戸田だという。

「主演の藤原さんとはこれまで何度も映画で共演した仲ですからね。撮影の合間には、いつも仲良さそうに談笑しています」(前出・ドラマ関係者)

 そのワケを探ると、すっかり“大女優”に成長した戸田への超VIP待遇が明らかになった。

「外でのロケでは、戸田さんに“日傘係”がついて、常に日焼け防止に務めています。また、今回は監督をはじめ、スタッフにヘビースモーカーが多く、どの現場にもきちんと喫煙所をもうけて撮影にあたっています。愛煙家にやさしい現場なんです。戸田さんも撮影の合間にスパスパとタバコを吸って、集中力を高めているようでした」(ドラマスタッフ)

 ファンとしては愛煙家から「禁煙女子」に“リバース”してほしい?

「戸田恵梨香がドラマ現場でタバコをスパスパ、ご機嫌モードのワケとは?」のページです。デイリーニュースオンラインは、リバース湊かなえ戸田恵梨香藤原竜也タバコエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧