亀梨和也&山下智久のW主演ドラマ、パクリと二番煎じで酷評の嵐に (1/2ページ)

デイリーニュースオンライン

ボク、運命の人です。|日本テレビ公式サイトより
ボク、運命の人です。|日本テレビ公式サイトより

 KAT-TUNの亀梨和也(31)と山下智久(32)がW主演の土曜日ドラマ『ボク、運命の人です。』(日本テレビ系)の第一話が4月15日に放送され、そのエンディングが物議を醸している。

 亀梨と山下が『野ブタ。をプロデュース』(同)以来12年ぶりとなる共演を果たしたことが話題となっている同ドラマ、当時同様に今作でも「亀と山P」名義でエンディングテーマを担当しているのだが、そのエンディング時にヒロインの木村文乃(29)と共に、“ボク運ダンス”を披露した。ネット上では「可愛いー!」と好評の声があがった一方で、昨年大ブレイクした『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)の“恋ダンス”と全くやり口が一緒とあって、「逃げ恥のパクリだ」と批判する声が高まっている。

 また、山下が演じている自らを神と名乗る謎の男という設定が、同作の脚本家の出世作ともいわれている『プロポーズ大作戦』(フジテレビ系)で使われた設定と酷似しているようで、焼きまわしかという声もある。上述のダンスも含め、至るところで二番煎じが散見されているのだ。

「昨年大ブレイクの『逃げ恥』にあやかって、今回の“ボク運ダンス”で今年末の『NHK紅白歌合戦』を狙っているのでしょう。しかし、ドラマの設定にしろダンスにしろ、視聴者ですら二番煎じをあまりに強く感じてしまっていることから、業界内で“爆死確定”との声があがっています。制作内部でも、局から降りてきたあまりに安直な企画内容に、既にため息混じりの諦めムードが漂っているようです」(テレビ局関係者)

 こうしたテレビ業界にありがちな「二匹目のドジョウ」を狙う戦法の企画は、現場で制作に携わっている人間ほど通用するわけないと感じていて否定だ。

注目記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧