検証進む志村けん「インスタ局部投稿事件」ホントは誤爆?

まいじつ

検証進む志村けん「インスタ局部投稿事件」ホントは誤爆?

お笑いタレントの志村けんが4月19日に、インスタグラムの公式アカウントが乗っ取り被害を受けていたことを明らかにした。志村のインスタグラムには男性の局部画像が投稿されており、所属芸能事務所のスタッフが発見するまでの約10分間、そのままインターネット上に公開されていた。志村には13万人ものフォロワーがいたため、この画像は瞬く間に拡散され、ファンからは《インスタ乗っ取られたの?》、《セキュリティーゆるゆる過ぎだろ》など心配する声が挙がった。

事務所は公式ホームページで、《不正アクセス行為の禁止等に関する法律に違反する不正アクセス行為の被害を受けたとして、同日14時頃、警視庁赤坂警察署に被害の報告をしております。》と発表。さらに、《この度は、ファンの皆様、関係者の皆様、当該の投稿をご覧になられた方々にご心配とご迷惑をお掛けしましたことをお詫び申し上げます。》と謝罪した。

昨年8月には、タレントの渡辺直美もインスタグラムのアカウント乗っ取り被害に遭っている。渡辺がプロデュースしている洋服のブランド『PUNYUS』のアカウントが乗っ取られ、プロフィルなどが書き換えられるとともに、2年半にわたって投稿してきた写真も全て消去されてしまった。

志村の誤投稿ではないかという説も

今回の志村の一件は、一方では志村自身が誤って投稿してしまったのではないか? と見る意見もある。

「通常は、乗っ取りが行われた場合、渡辺直美さんのように中身を消去されたり、本人自身がアクセスできないようにパスワードを書き換えてしまうといった被害が起きるのが一般的です。しかし、いたずらの投稿だけが行われるという事象はあまり聞いたことがありません。最近では、パスワードの強化や、電話番号をひも付けした“2段階認証”を利用するなど、SNSを利用するタレントのセキュリティー意識も高まっています。きちんと対応していれば乗っ取りが起きることはめったにありません」(IT系ライター)

ネット上では《過去に志村が投稿した動画に映っている毛布が今回の流出画像の物と似ている》、《写っている指も同じじゃないか》など検証する人も現れている。なかには《ダチョウ倶楽部の上島に酔っぱらって画像を送ろうとしていたのでは?》などと揶揄する書き込みもみられた。

事の真相はともかく、うっかりとSNSへ投稿してしまうのは、タレントに限らず、一般人でもありがちな失敗だ。このような憶測が飛び交うのも仕方ないのかもしれない。

注目記事
「検証進む志村けん「インスタ局部投稿事件」ホントは誤爆?」のページです。デイリーニュースオンラインは、志村けん炎上エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧