素人がなぜハンデ背負う?亀田興毅”1000万円企画”に疑問の声が噴出

デイリーニュースオンライン

「亀田興毅伝説!! ~浪速乃闘拳 世界への軌跡・第一章~」より
「亀田興毅伝説!! ~浪速乃闘拳 世界への軌跡・第一章~」より

 やはりスッキリとは終わらなかった──。元プロボクサーの亀田興毅(30)が5月7日、AbemaTV開局1周年を記念して特別企画『亀田興毅に勝ったら1000万』に出演した。累計視聴者数が1300万を超えるヒットとなったが、「素人の挑戦者がグローブとヘッドギアでハンデを背負っていた」という前代未聞の疑惑が生じている。

 かつて3階級を制覇した亀田に、ボクシングルールでKO勝利したら現金1000万円を与えるドリーム企画にホストや教師、元不良、YouTuberら4人の一般人が参戦するも、亀田が1000万円を守り切った。

 同番組は大いに盛り上がったものの、ある点が視聴者の間で話題に。「このボクシング企画はない。ボクシングを知らない層を騙そうとしてるのか? ヘッドギアからして亀田くんはフルで、挑戦者はオープンアマ仕様。 グローブサイズも挑戦者が恐らく16oz(読み方:オンス。重さの単位。1オンスは約28.3495グラム)で、亀田くんは14oz。亀田KOが前提。プロがハンデをもらわず、アマがハンデを背負う。茶番でしょ」というツイートが850件以上リツイートされ、一部では“映像検証”も行われている。

「ボクシングでは一般的に、練習のスパーリングで14〜16オンス前後の重いグローブ、試合で軽い8〜10オンス前後の軽いグローブが用いられる。練習で重いグローブが採用されやすいのは、パンチのスピードが遅くなりクッションも柔らかいため、安全性が高いと見なされているから」(報道関係者)

 映像を見ると亀田のグローブは対戦者より一回り小さく、ヘッドギアは亀田の顔を鼻の近くまでしっかり包んでいる。一方、挑戦者はグローブが大きく、頬の半分が露出しているように見える。つまり亀田は、鋭いパンチが繰り出しやすい軽いグローブとよりノックアウトされにくい安全なヘッドギアに守られて「有利な条件で戦っていた」と物議を醸しているのだ。

■今度は弟・亀田大毅?茶番疑惑は続くのか?

 世界チャンピオンという華々しい経歴をもつ元プロボクサーが、素人にハンデをもらう。この不条理な状況に対し、ボクシングファンがたまらず「亀田に勝ったらと言いつつ亀田を負けさせたくないという意思が凄すぎ」「これだけ卑怯なことできるのは感心する」「八百長試合」「史上最低最悪最弱のチャンピオンであるという評価は正しかった!」と皮肉なコメントを発している。

「試合前に2時間、さんざんVTRを流し、ようやく試合が始まったと思ったらサーバーダウン。ユーザーの怒りが頂点に達していた上の八百長疑惑。視聴者をバカにするようなことをしていたら、放送したAbemaTVは足元をすくわれかねない」(前出・報道関係者)

 とはいえ大好評。累計視聴者数は1300万オーバーを記録した。亀田本人は「最初で最後」と語っているが、AbemaTVにとって1回で終わらせるには惜しいモンスター企画となった。

「次があるとすれば弟の亀田大毅(28)だろうか。ただ番組の“演出”がキナ臭い。解説には亀田家と因縁の深い内藤大助(42)に来てもらって、ズルしていたら厳しく一喝してほしい」(前同)

 物議を醸しながら、地上波放送をも脅かすヒットとなった格闘技企画。ネットテレビに大いなる可能性を感じさせた同企画が清廉潔白であることを祈るばかりだが……1000万円は渡したくなかった!?

文・阿蘭澄史(あらん・すみし)
※1974年滋賀県出身。フリー記者。某在京スポーツ紙の契約記者を経て、現在は週刊誌等で活躍中。主な著書に『真相!アイドル流出事件簿』(ミリオン出版)、『事務所をクビになった芸能人』(竹書房)、『芸能人のタブー』(宙出版)など。
「素人がなぜハンデ背負う?亀田興毅”1000万円企画”に疑問の声が噴出」のページです。デイリーニュースオンラインは、亀田興毅に勝ったら1000万AbemaTV亀田興毅ボクシングエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧