松居効果で船越英一郎の『ごごナマ』絶好調?崖っぷち番組の明暗 (1/2ページ)

デイリーニュースオンライン

Photo by lillie kate(写真はイメージです)
Photo by lillie kate(写真はイメージです)

 7月10日に放送されたお昼の情報番組『ごごナマ』(NHK)の視聴率が、4.1%(ビデオリサーチ調べ・関東地区・以下同)を記録し、前週の視聴率を大きく上回った。前週の視聴率は2.8%で、4%台を記録したのは5月31日以来となる。この日は、ゲストにタレントのはなわ(40)を招き、家族の事を歌った『お義父さん』を披露。番組のMCで、現在タレントの松居一代(60)との離婚騒動にある船越英一郎(56)の涙にも注目が集まったようだ。

 船越ははなわの歌に「なぜこんなに泣けちゃうのか?」とコメントすると、同じくMCで女優の美保純(56)が、「今ストレートな表現に弱いですから」と突っ込む一幕もあった。連日芸能ニュースで報じられる松居の口撃だが、船越はノーコメントを貫いている。そのため『ごごナマ』を通じて、船越の様子をうかがう視聴者も増えてきているようだ。こうした現状について、NHKの幹部はニンマリしているのではと関係者は語っている。

「『ごごナマ』は今年4月から、これまでの平日午後のタイムテーブルを大きく改編してスタートしました。他局がゴシップニュースなどを取り扱う中、『ごごナマ』ではそれらをほとんど扱わず、ゆるいテイストになっています。しかし蓋を開けるとちっとも数字が振るわない。そのため開始早々にもかかわらず、早期終了の噂さえありましたが、この流れで変化があるとにらんでいるようです」(芸能関係者)

 14時台から開始される第2部に至っては、1%を切る日もあったと言われる『ごごナマ』だが、この「松居・船越騒動」は、皮肉にも番組をつなぐ命綱のような役割となってしまったのかもしれない。

注目記事
「松居効果で船越英一郎の『ごごナマ』絶好調?崖っぷち番組の明暗」のページです。デイリーニュースオンラインは、ごごナマ船越英一郎松居一代エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧