カツラ愛用に植毛手術まで?松居一代が”船越タブー”に触れる暴挙 (1/2ページ)

デイリーニュースオンライン

Photo by lillie kate(写真はイメージです)
Photo by lillie kate(写真はイメージです)

 夫・船越英一郎(56)の不倫疑惑を追及する松居一代(60)の追撃は続いている。7月20日発売の『週刊新潮』(新潮社)による、6時間にのぼる独占インタビューに応じ、これまで明かされることのなかった船越のプライベートまで白日の下に晒した。

 松居はインタビューで、船越への糾弾を繰り返すともに、騒動の黒幕として船越の所属事務所のホリプロが暗躍していることを指摘している。『新潮』も、ホリプロ側がテレビ局などに「松居の主張は事実無根で違法行為だから、一切報じないでほしい」とする圧力めいた要請をしたことを報じている。現に最近は松居の動画は使われることはなく静止画やイラストが多用されており、大手事務所への忖度を感じさせる事態になっている。

「『新潮』は7月13日売り号で、松居の居場所を突き止めて近況を写真つきで報道。松居はこれに対し、『そろそろどなたかいらっしゃるかと思った。新潮さん、お暑いのにご苦労様です』と動画で皮肉交じりに返しました。だが、『新潮』のライバル誌の『週刊文春』(文藝春秋)に騙されたと主張する松居は、敵の敵である『新潮』に親近感を覚えたようで、独占インタビューへの流れにつながったと見られてます」(芸能誌記者)

 そして、松居の口から船越に関する新事実が明らかにされた。

「カツラ愛用に植毛手術まで?松居一代が”船越タブー”に触れる暴挙」のページです。デイリーニュースオンラインは、船越英一郎松居一代エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧