misonoが義父の命日に挙式は不謹慎?体当たり”炎上タレント”の進退 (1/2ページ)

デイリーニュースオンライン

「家-ウチ-※アルバムが1万枚売れなかったら misonoはもうCDを発売できません。」より
「家-ウチ-※アルバムが1万枚売れなかったら misonoはもうCDを発売できません。」より

 歌手のmisono(32)が16日、サンリオピューロランドで、ロックバンド・HighsidEのドラマーであるNosuke(28)と挙式をあげた。2人は入籍はまだしておらず、日程に関しても未定だという。挙式が行われたこの日はNosukeの誕生日でもあり、Nosukeの父の命日にもあたる。式はサンリオピューロランドのほかに移動を行い都内3か所で行われた。またmisonoはこの式を「お・も・て・な・し婚」と名付けており、落ちついたタイミングでゆっくりと報告するとコメントしている。

 この報道に、挙式日がNosukeの父の命日であることから批判的な意見が殺到。ネットでは「めでたいんだか、めでたくないんだか……」「こいつら正気か?!」「父親を想うんだったら、父親の誕生日とかにすればいいのに」といった声が寄せられている。さらにはまだ入籍が済んでいないことから「結婚式がしたいだけなの?」「これは入籍前に別れるってオチはないよな……」「早々に離婚するのが目に見えそうなんだが」と早くも離婚ムードさえ漂う状態だ。しかしこうした声に反して、関係者は寧ろ「misonoらしいやり方」と語っている。

「近年misonoはさまざまな炎上ネタで、“お騒がせタレント”化してきました。そのため、今回の挙式も話題作りの要素が含まれているはずです。これまでも散々バッシングを受けているので、批判も覚悟の上でしょう。また入籍する日に話題として取り上げられることもできますからね」(芸能関係者)

 今後を見計らって「落ち着いたタイミング」で報告があるというmisonoだが、そのタイミングにまた新たな衝撃発言が飛び出る可能性もありそうだ。

「misonoが義父の命日に挙式は不謹慎?体当たり”炎上タレント”の進退」のページです。デイリーニュースオンラインは、Nosukemisono炎上結婚エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧